モーニングで連載中の「マリアージュ~神の雫 最終章~」の最新話となる168話のネタバレと感想を書きました。

2019年2月28日発売の13号に掲載されてた内容となります。

スポンサーリンク





神の雫 マリアージュ【168話】最新話のネタバレ!

 

神の雫 マリアージュ【168話】

「黒い密談」

軽井沢の「おーべるじゅ ひとりすく」にて

相談を受けている雫

 

作法などに厳しくガンコなところがある店主

どうしても「和」を意識し、こだわりっている。

 

娘がダイニングの飾り棚に

オーディオを置きたいと意見を言うが

 

先代がコレクションしていた棚で

軽井沢調の逸品だぞ!

 

 

しかし娘は

絶対に目立たないように置くから・・・

 

ステレオと言えば大きいだろ~

 

今は、デジタルオーディオだから

小さくて音質もいいのよ

と娘に説得されてしまいます。

 

ジャズを流すと聞き

さらにビックリ

 

ガンコな父に娘が雫たちにあやまり

母がいた頃は、ズバッと意見をいっていたようです。

 

母が亡くなつてからは、自分の世界にはいってしまい

よりガンコになってしまった。

 

雫は、可能な限りこだわりを生かしながらワインとマリアージュさせていくことが仕事だと

 

しかし

ワインと懐石料理を合わせていくのは簡単なことではない!

 

 

懐石料理は品数も沢山あり

その一品一品に日本ワインだけでマリアージュしていくのは

かなりの難問だ!

 

そこで隣のお店に

地元ケーブルTVの車が停車しているのを発見

 

お隣の「オーベルジュ・ドゥ・モンターニュ」では

北軽井沢で最も注目のあびているお店として

支配人の田々中(たたなか)さんと

イケメンのシニアソムリエの瑠璃山(るりやま)さんが紹介されています。

 

このお店は、創作フレンチを提供しており

フランスでも和食の影響を受けたレストランがミシュランの星を獲得していると説明し

 

シニアソムリエの瑠璃山はフランス帰りでワイン評論家の遠峯一青の右腕といわしめたソムリエだといいます。

 

そして

「オーベルジュ・ドゥ・モンターニュ」の料理が出てくる

 

信州サーモンの燻製とスペイン産ハモン・イベリコのオードブル

クリームチーズと地方野菜、エディブルフラワーで飾った

軽井沢のお花畑として紹介されます。

 

 

この料理と合わせて提供されるワインは

 


エドシックモノポールの「グーアメリカ」というシャンパーニュ

100年前のボトルデザインの復刻版でタイタニックに積まれていたそうです。

 

とワインの紹介

 

タイタニック号で飲まれていたシャンパン・ワインは?味わい・購入方法



 

 

メディアを上手く使えているとソムリエを褒める支配人の田々中

 

隣の「おーべるじゅ ひとりすく」は閑古鳥と喜んでいる。

 

しかし支配人は

小売り価格6000円以上もするシャンパンをグラスでペアリングするのは・・・

 

しかしソムリエは

 

あれはテレビの前だけですよ

 

実際には私がフランスで買い付けてきたエチケットデザインが似ているシャンパーニュだといます。

 

シャンパンクーラーにTVで使用したものを1本だけ入れておけば大丈夫だ

 

シニアソムリエの瑠璃山は、あと1か月もすれば隣は堪えられなくなってくる

そしてオーナーの息のかかった不動産屋を送り込めば

もう畳もうかという話になります。

 

向こうは、60過ぎのおっさんと娘ひとりでしょう!

・・・ですな

 

とここで168話は終了。

 

『神の雫 マリアージュ』などマガジンをすぐに無料で読む

神の雫 マリアージュの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、モーニングも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

神の雫 マリアージュ【168話】最新話のネタバレ!

和食なので和のこだわっているのが主人の原動からよくわかります。

まあ、ここから雫がワインを合わせながら

ストーリーが展開していきますが

お決まりの近隣店舗が、雫がかかわっているお店をつぶしにかかるのは

いつもの流れですよね。

 

敵対するお店には

遠峯の右腕と自称している悪いソムリエが登場し

きっと雫が退治するのでしょうね。