11月5日発売の花とゆめに連載中の【暁のヨナ】165話のネタバレを紹介します。

 

暁のヨナの立ち読みは・・・こちら

 

ストーリー

高華王国の姫・ヨナは一人娘のため、優しい父王と幼なじみで護衛のハク達に囲まれ、大切に育てられていた。そして時はヨナ・16歳の誕生日、ヨナは想いを寄せていた従兄のスウォンから簪を贈られ、父へ自分の気持ちを伝えに行く。が、そこには思いも寄らぬ …

スポンサーリンク





暁のヨナ【165話】ネタバレ

 

四龍の力に目をつけた戎帝国のイン・クエルボに囚われてしまったヨナ、ユン、ジェハ、ゼノ。

 

そこへ神官ゴビが再び現れ、イン・クエルボに四龍の力を見せるためにヨナを刀で切ろうとする(ヨナが危険な目にあう=四龍の力が発揮される)。

 

しかし普段からのハクとの稽古の賜物か、ゴビに斬りつけられる前にヨナはゴビの首にハイキックをくらわせ一難を凌ぐ。

 

あまりに見事なキックにア然とするジェハ、ゼノたち。

 

イン・クエルボも、想像していたお姫様と異なるヨナに興味を持つ。

 

さらにイン・クエルボに刃を向けたヨナだったが、イン・クエルボに立場をわきまえろと取り押さえられてしまう。

 

すると牢で鎖に繋がれていたジェハが龍の能力を使い鎖を引き千切る。

 

その異常な能力に興味を向けたイン・クエルボは、ジェハを戦場に同行させることにする。自分たちに協力しなければヨナを殺すと脅されたジェハは、力試しにとイン・クエルボから戎軍との戦闘を命じられる。

 

体調が万全ではないジェハだったが、雑魚相手に奮闘し一掃するが、戦闘中にイン・クエルボに歯向かったヨナが足を鎖で繋がれている状態である事に嫌悪感を示す。

 

4日後に高華国と戦を控え、その際に他の四龍を連れてくればヨナを開放すると約束するが…。

 

 

一方でハクは火の部族領でキョウガ将軍や他の四龍たちと戦に向けた戦略を練っていた。

 



 

キジャとシンアは、イン・クエルボから狙われているから頼れない、空の部族に従順なキョウガも、援軍を送ってくるジュドもケイシュクも信用できない。

 

八方塞がりのなかヨナや仲間たち全員助け出す方法を模索するハクだったが…。

 

神官ゴビの陰謀でヨナたちを彩火城から連れ出し、斬りつけられたところをハク達に助けられ、彩火城で療養していたオギのもとに、真国の武将、ヴォルドが再び現れる。

 

またヨナの救出に燃えるテジュンは彩火城内で同じく真国の武将、アルギラに再会する。

 

八方塞がりのなか、ヨナたち救出の戦に手を貸してくれるのか?!

 

次号に続く。

 

最期に 暁のヨナ最新話のネタバレ

暁のヨナの最新話のネタバレを紹介しました。

次回は、真国勢が戦に力を貸してくれて形勢逆転なるか?

が見どころになりそうですね。

 

 

暁のヨナの立ち読みは・・・こちら