呪術廻戦【第78話】は

2019年10月7日発売日の週刊少年ジャンプ45号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら

ストーリー

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。

 

呪術廻戦【7巻】発売日は?


『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





呪術廻戦 78話 最新話のネタバレ

 

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

呪術廻戦【7巻】発売日は?

 

呪術廻戦 77話のネタバレはここ

 

第78話「玉折ー参ー」

 

サングラスからはみでてしまうほどに目を見開いている五条は、担任から夏油の行った強行の話を聞くと、「は?」とだけ口にします。

 

 

もう一度同じ内容を繰り返す担任に、五条は聞こえている、内容に対しての反応であると言います。

 

 

夏油が集落の人間だけでなく、自身の両親も手にかけているという追加情報を聞くと、五条は信じられないという様子で叫びます。

 

 

担任も、五条と同じ気持ちでした。

 

 

街の喫煙所で家入がタバコを吸っていました。そこに何事もなかったかのように夏油が姿を現します。家入はいつもの様子で夏油と話し始めます。

 

 

冤罪ではないと答える夏油に、家入は動機を聞いてみます。術師だけの世界を作る、そう答える夏油の話を聞きながら、家入は五条に電話をかけます。

 

 

夏油がいることを伝えると、五条からはおそらく捕まえるように指示がでますが、家入は死にたくないからとそれを拒否します。

 

 

そして、五条が直接夏油の前にやって来ました。

 

 

一体どう言うことなのかと、五条は夏油に説明を求めます。術師だけの世界を作る、それ以上でもそれ以下でもない夏油の動機。

 



 

その目的を達成する上で、両親だけを特別扱いするのは夏油には不可能でした。五条にとって夏油が行ったのは意味のない殺しだといいますが、夏油は意味も意義も、大義もあるといいます。

 

 

五条はそれを真っ向から否定し、術師だけの世界を作るなんて不可能だと言い放ちます。すると、今まで笑顔で話していた五条の顔から笑みが消えました。

 

 

非術師を皆殺しにすること、それは五条になら可能だと夏油は言うのです。五条にできるのに、他人には出来ないというのはおかしい。

 

もしも五条悟という存在になれるのであれば、自分の理想は叶えることができる、あとはできることをする、と言って夏油は去ろうとします。

 

五条はすぐに術式を出そうと構えますが、友の背中を見るとどうしても殺すことはできませんでした。夏油は早速行動にでます。

 

盤星教と同じような組織を圧倒的な力で支配し、呪いと金を集めることのできる環境を手に入れたのです。

 

その時五条にも変化が。伏黒恵のもとへと会いに行っていたのです。

呪術廻戦【7巻】発売日は?

『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

最期に 呪術廻戦【78話】ネタバレの感想

 

呪術廻戦【78話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

友を目の前にして、どうしても術式を出すことのできなかった五条の心はなんとなくですがわかります。しかし、友だからこそ夏油を止めるためにこの時に手を打っていてほしかったです。今回の話、何ヵ所か五条の描き方が粗いように感じましたが気のせいでしょうか?

 

そろそろ回想編が終わるはずなので、伏黒に出会ったこのタイミングで現在に戻る気がしています。回想が続くとしてもあと1話くらいでしょう。夏油の頭に模様が出るのがいつなのか気になります。

 

 

漫画の最新刊を無料で読む方法