呪術廻戦【第77話】は

2019年9月30日発売日の週刊少年ジャンプ44号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら

ストーリー

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。

 

呪術廻戦【7巻】発売日は?


『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





呪術廻戦 77話 最新話のネタバレ

 

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

呪術廻戦【7巻】発売日は?

 

第77話「玉折ー弐ー」

 

1人の女性が女の好みを尋ねながら、突如夏油と灰原の前に現れました。

 

 

女性の素性を探る夏油とは裏腹に、灰原は素直に自分の好みを答えます。

 

 

全く他人を警戒しない灰原に夏油は呆れぎみですが、灰原はこの女性が悪い人ではないといいます。

 

 

人を見る目には自信があると笑う灰原に、夏油は皮肉を込めて、俺の隣にすわっているのに?と言いますが灰原にその意味は理解できませんでした。

 

 

灰原が去っていくと、女性は特急術師の九十九 由基だと名のります。

 

 

夏油も噂には聞いていた人物です。

 

 

任務を全く受けないと噂されている九十九は、呪術高専と方針が合わないと感じています。

 

 

九十九は高専が行っている呪霊を狩るという対処療法ではなく、呪霊自体を生まれないようにする原因療法をしたいと考えているのです。

 

 

九十九は呪霊の原理を踏まえた上で、どうすれば呪霊の生まれない世界を作ることができるのかを夏油に説きます。

 

 

呪力自体をなくす、もしくは呪力を操れるようにできるようにする。

 

 

前者はまさにすこし前に戦った伏黒の父のような存在をつくるというものです。伏黒の父は、世界に唯一の呪力が完全に0の人間でした。

 

 

九十九は伏黒の父を研究したかったと言いますが、伏黒の父は五条がとどめをさしてしまったのでもう調べることはできません。

 



 

 

そこで九十九が本気で考えている方法は後者です。

 

 

術師本人が死後に呪いに転じることを除けば、術師から呪霊は生まれないという事実から、九十九は人類が全員術師になれば呪いは生まれないと言います。

 

 

はっとした夏油は、それならば非術師を皆殺しにすればいいと口にします。

 

 

 

これは本人も意図せず口から出ていた言葉でした。

 

 

九十九はそこまでのことは自分はできないといいますが、夏油の考え事態はありだといいます。夏油はずっと悩んでいました。

 

 

非術師を見下してしまう反面でそれを否定してしまう部分もあり葛藤する夏油に、九十九はどちらが本音かは自分で決めればいいといいます。

 

 

そんな中、灰原が任務中に死亡してしまいました。

 

 

術師はこれからも仲間を失って行くのだろうかと感じた夏油は、次の任務の時にはもう非術師の言葉が頭には入ってきていません。

 

そして任務先の村で、術師を隔離する非術師、つまり普通の人間を大量に殺害して逃亡しました。

これが夏油が呪詛師になった経緯です。

 

呪術廻戦【7巻】発売日は?

『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

最期に 呪術廻戦【77話】ネタバレの感想

 

呪術廻戦【77話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

九十九が夏油を呪詛師の世界へ連れていったのだと思っていたので、実際は少し違っていました。きっかけを作ったのは確かに九十九です。

 

でも夏油が呪詛師になるまでに多くのきっかけがあったのでしょう。人間の醜さを見てしまうと、いやになるのは当然ですね。

次回、五条回想編はクライマックスのようです。五条と夏油が街で戦いを繰り広げるようで、わくわくしています。五条は少しはショックかも知れませんが、考えが少し変わった今ではどのような反応をするのでしょう。

 

 

漫画の最新刊を無料で読む方法