呪術廻戦【第175話】は

2022年2月21日発売日の週刊少年ジャンプ37号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら

ストーリー

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。

 

呪術廻戦【20巻】発売日は?


『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





呪術廻戦 175話 最新話のネタバレ

 

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

呪術廻戦【20巻】発売日は?

 

第175話「仙台結界➁」

 

仙台結界において、前回の174話で、特級呪術師乙骨憂太は、ゴキブリの呪霊である黒沐死と対峙し、今回の175話にてその決着を迎えます。

 

 

乙骨憂太と黒沐死の戦いの勝者は、乙骨憂太でした。

 

 

乙骨憂太は、同じ仙台結界にいる2人のプレイヤーである、烏鷺享子と石流龍に黒沐死との戦いを見られているとわかっていたため、反転術式と特級過呪怨霊であるリカを使わずに、黒沐死を倒すことを決めました。

 

 

 

しかし、乙骨憂太は、黒沐死の土虫蠕定という技を受けてしまい、瀕死になります。

 

 

烏鷺享子と石流龍は、黒沐死の勝ちであると思い、黒沐死は乙骨憂太を食い尽くそうとしたその瞬間、乙骨憂太は黒沐死の口にキスをして、自らの手掌と口から、反転術式を黒沐死の頭に流し込み、黒沐死を祓いました。

 

 

黒沐死は呪霊で、人間の負の感情から生まれた存在であるため、負と負、マイナスとマイナスを掛け合わせたプラスのエネルギーである反転術式を流しこまれることで簡単に倒されてしまいます。

 

 

 

烏鷺享子と石流龍は、乙骨憂太が反転術式を使えることだけでなく、さらに反転術式をアウトプットできることに驚愕します。

 

 



 

呪術廻戦作中において、反転術式を使える人物はただでさえ少ないのですが、反転術式を他者に使える、アウトプットできるのは、乙骨憂太を含めて3人しか作中には登場していません。

 

そして、黒沐死を祓った乙骨憂太ですが、次の対戦相手は烏鷺享子です。烏鷺享子は空を操る術式とのことで、ラストのシーンには、烏鷺享子が乙骨憂太の耳元で「反転術式」と言って、空間が歪む描写がされていました。

 

そして次の176話に続くといった感じです。

 

呪術廻戦【20巻】発売日は?

『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

最期に 呪術廻戦【175話】ネタバレ

 

呪術廻戦【175話】のネタバレ

仙台結界において、連戦を続ける乙骨憂太。黒沐死との戦いは熾烈を極め、反転術式とリカを使用しないように立ち回っていた乙骨憂太であるが、黒沐死の攻撃を受け、致命傷を負ってしまったため、反転術式を使用して、黒沐死を祓った。

 

しかし、休む間もなく次の対戦相手、烏鷺享子が乙骨憂太を襲う。

 

 

漫画の最新刊を無料で読む方法