「なかよし」で連載中の「ヴァンパイア男子寮」の最新話3話のネタバレを紹介します。

3話は2018年12月28日発売の2月号に掲載されました。

 

なかよしの立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





ヴァンパイア男子寮【3話】ネタバレ!

家族も住むところもお金もない
孤独な〝美少年″美人。
ある日、美人はイケメン吸血鬼(!?)
のルカと出会っちゃって…。

 

3話 美少年、ねらわれる

 

ルカに血を吸われても

大丈夫なように男子寮の学食でごはんを食べていた美人。

 

「和、洋、中なんでもあってタダとか最高!」と朝からラーメンにがっついていました。

 

そんな美人に話しかけてきた樹里と宝。

 

ルカが吸血鬼と知らない2人に、美人はルカの怪我は大丈夫だったとなんとかごまかします。

 

それを聞いた2人は心配で眠れなかったのだと明かし、美人は本当のことは言えないものの「樹里君の言う通りオレには秘密があるけど、2人を傷つける内容じゃないから」と言うのでした。

 

それを聞いた樹里は「誰にでも秘密はあるよね」とそれ以上は聞かず、「もう詮索しないから呼び捨てでいいよ」と言われ、少し仲良くなれたかも?と感じた美人でした。

 

 

そこへバイクに乗った二階堂蓮が現れます。

彼は美人たちと同じ1年生で寮生で、喧嘩ばかりしている不良とのこと。

 

樹里は「関わらないほうがいいよ」と警告しますが、なぜか蓮は美人の部屋の前にいるのでした。

 

ルカに用事かと思いきや、

「てめーがルカの同室の山本美人か?話がある。

 

裏庭に来い」と言われる美人。

 

そして壁ドンされ、

「おまえ、ルカが吸血鬼ってわかってんのか?」と突然言ってくる蓮。

 

 

「どうしてそのことを知ってるの?」と

焦りの色を見せる美人のもとにルカが現れ「中等部のころから俺をよく思ってないのは知っているが、文句あるなら直接俺に言えよ」とかばいます。

 

そして険悪なムードになる2人でしたが、蓮は去っていきます。美

 

 

人にさっきのことを詫びたルカは美人を押し倒して血を吸います。

 

廊下だし、吸血鬼だってバレるのが心配なんだと言う美人でしたが、ルカは真面目に話を聞いておらず美人は「本気で心配してるのに!」と怒ってその場を去ってしまいます。

 

 

柔道をしていた美人は蓮の怪力さに驚きます。

 

彼に勝負する美人でしたが、

胴着がはだけてサラシでつぶした胸が見えそうになってしまいます。

 

おもわず顔を赤らめて胸を隠す美人。

 

「まさか女?」と蓮も赤くなってしまいます。

 

蓮は美人を外へ連れ出し、お前一体何なんだ?と直球で聞きます。

 

「まさかルカと付き合って・・・」と聞いてくる蓮に「そんなわけないじゃん。

 

オレはルカの餌なんだ」と正直に言う美人。

 

それを聞いた蓮は

美人の胸倉をつかんで「それがどういうことか分かってんのか?

 

吸血鬼に血を吸われて死ぬと吸血鬼になるんだぞ。

 

他の奴にはまだバレてない。

 

おまえもさっさと手を引いて元の家に帰れ!

 

吸血鬼は死んでるんだ!

 

心がない化け物なんだよ!」と言いますが、美人は彼の手にかみついて「それなら俺は生きてる人間のほうが化け物に見える。

 

人を見た目で判断して、自分の都合が悪ければ追い出して。

 

俺に住むところを与えてくれたルカのほうがよっぽど心がある。

 

おれは化け物のほうがずっと好きだ!」と強く言います。

 

それを聞いて蓮は

幼い頃そんな目に遭っていたことを思い出します。

 

それは蓮の母親も言ってくれた言葉でした。

でも美人が心配だと言う蓮は「お前を守ってやる」と言います。

 

美人は「ルカが俺を吸血鬼にするようなことはしないって蓮に分からせる」と言います。

それに美人に帰る家はないのです。

 

そんな美人に蓮は

さっきのことを悪かったと詫びますが、美人に恋をしてしまった様子でした。

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!


ヴァンパイア男子寮!最新話の感想

男装している女の子の胸がはだけて周りにばれそうになってしまう展開はお約束だとは思いますが、読んでいてドキドキしてしまいました。

 

ルカと美人は自覚はないものの

両想いっぽいですが、吸血鬼は死んでいる化け物だという言葉にはなかなか来るものがありました。

恋に障害はつきものですが、いったい2人はどんな結末を迎えるのか。

 

そして蓮が美人を好きになって三角関係になるというのもお約束だなと思います。

しかしこれまで美人が女の子と知るキャラクターはいなかったので、1人こんな子がいると安心感があっていいと思います。

なかよしの立ち読みは・・・こちら