週刊少年ジャンプで連載中のワンピース

11月26日発売に掲載された最新話925話のネタバレを紹介します。

 

 

ワンピースを立ち読みは・・・こちら

 

 

スポンサーリンク





ワンピース【925話】ネタバレ

 

 

「ブランク」925話

ミホークのところにいるペローナが新聞を読んでいるところから始まります。

 

その記事には元七武海のゲッコーモリアが生きていたことが書かれていて、それを読んだペローナはミホークの元から出る決断をします。

 

そこから場面は変わりゲッコーモリアが前に仲間だった女好きでスケスケの実のアブサロムを探しに来ていました。

 

アブサロムを発見し目的を達成したかと思ったその時いきなり斬撃が飛んできてモリアが切られます。

 

その斬撃を飛ばしたのはなんと透明人間になった黒ひげ海賊団の雨のシリュウでした。

 

アブサロムのスケスケの実が奪われていたのです。見つけたアブサロムも黒ひげ一味の1人が変装していたものでした。そこに黒ひげ本人が登場します。

 

なんと懸賞金は22億。髭が伸び何本かに束ねられていて風貌も大物になってきました。

 

そこで黒ひげは世界会議レヴェリーで革命軍がバーソロミューくまを取り返すために海軍大将の緑牛と藤虎と闘っていたことを話します。

 

加えてワノ国で麦わら一味とカイドウの激突、それを追っているビックマム、頂点をかけた潰し合いが始まったと嬉しそうに語ります。

 

そこで黒ひげはモリアに対して仲間にならないかと投げかけその場面は終わります。

 

場面はワノ国に戻りワノ国の第2幕がスタートします。

 

アシュラ童子とイヌアラシが互角に剣を交えています。

 



 

 

アシュラ童子は光月家に仕えたのではなく、光月おでんを慕っていたから仕えていたと言い帰って行きました。

 

帰り際には錦えもんが必ず仲間にしてみせると言い放っています。

 

するとアシュラ童子はお前達は20年間国を捨てていた、そのブランクは戻らないと言い立ち去りました。

 

場面は鬼ヶ島に移ります。

 

そこではなんとカイドウ一味でゾウの国を荒らしたジャックが怒られています。

 

そこにいたのは火災のキングと疫災のクイーンと呼ばれるものがいました。

 

ジャックの様子や名前からして、ジャックよりさらに強い2人だと思われます。

 

ワンピース 最新話 ネタバレの感想

ゲッコーモリアが生きていてその話のミホークとペローナの会話のやり取りが面白いです。

 

また現在の黒ひげが出てきてさらにその一味であるシリュウがスケスケの実を手に入れ透明人間になったことでどうやって倒すのかこれから見ものです。

 

ワノ国も第2幕に突入しましたが前回カイドウにワンパンされたルフィはどうやってカイドウを倒すのか、またカイドウ一味のキングとクイーンの実力はどうなのか、まだまだ目が離せない展開になりそうです。

 

ワンピースを立ち読みは・・・こちら