週間少年マガジンで連載中の「ランウェイで笑って」

最新話となる94話のネタバレと感想を書きました。

 

2019年5月22日発売の25号に掲載されてた内容となります。

 

ランウェイで笑って【11巻】発売日とネタバレ!

 

ランウェイで笑って」最新刊をチェックは・・・こちら

 

スポンサーリンク





ランウェイで笑って【94話】最新話のネタバレ

 

ランウェイで笑って【90話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

94話「パパラッチ」

 

 

杏がパタンナー仲間とご飯を食べながら柳田について話ていた。

 

「アイツは私たちのことなんか眼中にないのよ!」と怒る杏に、同僚は「そっちは何か新しいゴシップあった?」と聞くと、杏は「額悪非道柳田一が、コネで連れてきた腹心がいてね」と話始める。

 

三国が育人の仕事を手伝うのを見て「三国さんが懐柔されてしまった」と言う杏。

 

三国は育人にカプセルのデザインについて説明していた。

 

育人はそれを聞いて

「俺も芸華祭でユニセックスで作ったけど、そこまで考えてなかった」と思った。

 

そこに同僚が

「あれ、三国さんカプセル手伝うことにしたんすか?」と聞いてきて、

 

三国は「手伝うっていうか仕事だし、田中もやる?」と聞くと、

 

「まぁ三国さんの命令ならやるっすけど」と言い、「じゃあ命令」と言う三国の返事で田中も手伝うことになった。

 

育人はそのやり取りを見て「え、そんなあっさり」と驚く。

 

田中が「都村これ持ってくっすよ」とデザインを持って行くのを、育人が「あ、それ!」と自分がやりたいデザインを止めようとする。

 

 

そして「なんでみんな一番難しいのばっか持ってくの?」と思う。

 

たなかはデザインを見て「うわー、これ大変じゃん。返すっす。こっちもらうっす。」と言い、「まー、よくこんなデザイン考えるっすよね」と言った。

 

 

育人も「4種類の民族柄が入るんで柄の境目で布を分けようと思ってるんですけど、どうしても継ぎ目にシワが寄っちゃって」と言う。

 

 

すると田中が「ここでつまずいちゃダメっすよ。本当に大変なのは着せて歩かせたときっすから。」と言う。

 

 

杏と同僚の食事シーンに戻り、杏が「都村育人の本性を暴き出すの巻!」と話していた。
仕事に戻り、自動販売機の前で、SNSを探して育人の本性を調べようとするも何もない。

 

 

しかし、育人が高校生向けのコンペに去年から片っ端に出していることを調べた。

 

 

去年まで育人が高校生だと知った杏は「これ絶対コネ入社だよね!高校生の実力で絶対アプロ入れないし!」と育人をスクープすると意気込む。

 



 

育人の元へ行き「私も何か手伝うよ!」と言う杏に、三国が「ならこっちやって」と言う。

 

「私が少し作業して新入り君に返す!それをさも自分でやったかのように報告したら真っ黒だ!」と思っていたが、「計画が」と思うも、「よくよく考えたら作戦に変更はない」と思い手伝う。

 

そして「チーフに見せてきて」と育人に言う。綺麗なラインに感動する育人。

 

そして、柳田人育人の会話を盗み聞きし、

 

育人の本性を暴こうとするも、柳田が「これ作ったの板倉だろ」と言い当て、「私たちのことなんか何も見てないんじゃ」と思っていたがそのギャップにやる気がなくなり帰る杏。

 

翌日、育人が杏のやり方も勉強して、微調整しているのを見て育人の実力を認めた。

 

そして泣きながら育人をハグして謝った。
育人はモデルに服を着せて歩かせるも、シワが多く出てしまい上手くいかずに悩んでいた。

 

ランウェイで笑って【11巻】発売日とネタバレ!

『ランウェイで笑って』などマガジンをすぐに無料で読む

ランウェイで笑っての最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ランウェイで笑って【94話】ネタバレ最新話の感想

 

コネ入社だと言われて、社員に僻まれている柳田と育人がカプセルを通して、どう信頼を勝ち取っていくのかが楽しみです。

 

育人の実力を少しずつ周りが認め始めてきたので、カプセルが成功するのを願ってます。

 

杏が育人を陥れようとしていたが、最後は泣きながら謝っていたり、感情豊か過ぎて笑いました。

 

最後の難しい服を育人がどうやって作っていくのか、試行錯誤しながらも一生懸命に全力で頑張っている育人を見て、周りの見方が変わっていくんだろうなと思いました。

 

ランウェイで笑って」最新刊をチェックは・・・こちら