週刊ヤングマガジンで連載中の『マイホームヒーロー』

2019年33号7月13日発売の第73話のネタバレです!

 


『マイホームヒーロー』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

 
スポンサーリンク





マイホームヒーロー【73話】のネタバレ

 

鳥栖哲雄は、一人娘・零花を愛するしがない会社員。 ある日、彼は零花の顔に殴られた痕を見つける。 誰にやられたのかと問い詰めても、零花ははぐらかすばかり。

その帰り道、哲雄は犯人らしき男を見つけ、後を付けていく。 しかし、それが家族の運命を変える事件の始まりだった。 父は娘のため、家族のため、修羅の道へと歩き出す。

『100万の命の上に俺は立っている』山川直輝×『サイコメトラー』朝基まさしが贈るジェットコースター・クライム・サスペンス!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

マイホームヒーロのネタバレ

 

第73話  任意同行

 

 

捜査協力のため哲雄は任意同行され、取調室にいます。

安元は、零花がスマホを盗んだと自白したことを哲雄に知らせます。

 

(どうしてそんなことしゃべったんだ?言うなって言ったのに・・・)と思う哲雄は安元が乱暴な操作をしたことを知りません。

 

 

”ある組織”を追っているという安元は哲雄に捜査協力してくれれば零花の罪を一切問わないと取引を持ち掛けます。

 

OKする哲雄に、安元は鳥栖洋二の写真を見せます。

 

 

どうしてここで洋二の写真が出てくるのか、

焦る哲雄ですがそのことを表面には出しません。

 

 

 

「・・・妻の従兄弟です」と答える哲雄に安元は面識や洋二が何をしているのか知っているかを尋ねます。

 

 

昨日のことが知られているのかは分かりませんが、哲雄は洋二のことを話します。

 

 

ヤクザの若頭である洋二。

 

 

安元はどうして反社会的勢力の男が親戚にいる”鳥栖”に姓を変えたのか尋ねます。

 

 

答える哲雄でしたが「これは半グレを調べてるんじゃないんですか?」と話を止めます。

 

 

すると安元は

「・・・俺はね嫌なんだよ あの苗場さんの息子がヤクザの親戚になってしまった・・・ましてや苗場の姓をすててるって事実が・・・」と怖い顔で答えます。

 

 

お父さんにどう顔向けするつもりだ、と哲雄に聞く安元。

 

 

しかし哲雄は、自分にも31年間の生活があったと答え、しっかりと安元の顔を見ます。

 

 

「顔向けも何も・・・そういう決意とか覚悟とかは全部結婚の時に済ませてますよ あの当時の妻には僕が必要でした」と言います。

 

 

さらに続けて、「そんな妻を”あんな家”から守るために 僕は結婚しました 父にやましい思いはないですし 安元さんにとやかく言われる筋合いはないです!」これには安元も驚きます。

 

 



 

 

「・・・合わない間に 大人になったんだな・・・」

 

その後安元のことを話したりして安元が”マル暴”だということが分かります。

 

 

安元はついでと言って、麻取の死体が見つかった山で哲雄が何をしていたのかを聞きます。

 

あの山にコチドリがいないことは既に判明しています。

 

 

「死体を見に行ったとか・・・?」と小さく聞く安元に、哲雄は平然と答えます。

 

 

死体のことはあの時間じゃまだわからない、コチドリは東京では絶滅危惧種だから診つけたら嬉しい。お互いボロをだしません。

 

続いて安元は恭一の写真をだします。

 

 

どうして恭一と自分の繋がりがわかったのかを必死に考える哲雄。

 

 

零花が話した可能性が一番高いものの、ここで選択を間違えれば、恭一と証言が異なり一発で嘘だとばれてしまいます。

 

 

そこで哲雄が選んだ答えは恭一が零花のストーカーだと答えることでした。

 

 

驚く安元は、すぐに哲雄を置いて部屋を出ていきます。

 

おそらく安元は恭一のもとへ行ったと哲雄は悟ります。

 

まずい、恭一とは証言が合わない・・・!!

 

 

『マイホームヒーロー』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

マイホームヒーロー【73話】の感想

 

がっつり哲雄の取調回でした。哲雄もかなりすごいのですが安元も切れ者です。この騙し合い、どちらがボロを出すのかハラハラしました。

 

このまま恭一のところにいく安元が、何を話し何を聞くかは哲雄にはわかりません。哲雄ピンチです。一つでも間違えばそこで終わり。

 

がんばれ哲雄!気になっているのが、安元は”ある組織”を追っていると言いましたが、その後哲雄は”半グレ”の操作だといっています。

安元は半グレだとは一言も言っていないと哲雄を追い詰めるのではないかと思っています。

 

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『マイホームヒーロー』を読む