週刊ヤングマガジンで連載中の『マイホームヒーロー』

2019年32号7月8日発売の第72話のネタバレです!

 


『マイホームヒーロー』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

 
スポンサーリンク





マイホームヒーロー【72話】のネタバレ

 

鳥栖哲雄は、一人娘・零花を愛するしがない会社員。 ある日、彼は零花の顔に殴られた痕を見つける。 誰にやられたのかと問い詰めても、零花ははぐらかすばかり。

その帰り道、哲雄は犯人らしき男を見つけ、後を付けていく。 しかし、それが家族の運命を変える事件の始まりだった。 父は娘のため、家族のため、修羅の道へと歩き出す。

『100万の命の上に俺は立っている』山川直輝×『サイコメトラー』朝基まさしが贈るジェットコースター・クライム・サスペンス!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

マイホームヒーロのネタバレ

 

第72話  取り調べ

 

 

「金井さん・・・これを届けることが私からの最後の弔い」と、信から奪ったスマホをバッグに入れ、零花は警察へ向かいます。

 

 

信だけは絶対にぶっ潰す、と信にされた仕打ちを思い出すと腹が立ってきた零花は壁を殴りますが、ただ手を痛めただけに終わりました。

 

 

 

エレベーターが来た時、零花は以前出会った占い師の紫楽来杉山と遭遇。

 

 

そして、「大きな覚悟が見えます」と言われます。

 

 

勝手に占う紫楽来杉山は、その覚悟をやり遂げようとすると、あなたや身内にかつてない苦難を与えるでしょうと零花に言います。

 

 

(何それ・・・)と、紫楽来杉山を

胡散臭く感じる零花ですがどことなく気持ちがざわついていました。

 

供述を続けている恭一。

 

 

証言には素直に応じているものの、安元は恭一がなにか気にくわない様子。

 

 

供述や監視カメラなどで半グレの足取りを掴むのは時間の問題です。

 

 

それでも安元は、

(間島恭一・・・ゴミの分際で・・・お前・・・何か隠しているな) と思っていました。

 

 

その時、薬師寺が安元に以前コチドリの件で調べた哲雄の娘、零花が来たことを伝えます。

 

 

女性警官が零花に話を聞いていましたが、そこに安元が入ってきます。

 



 

 

知っていることは全部話したと言って帰ろうとする零花を、安元は世間話がしたいと言って引き留めます。

 

 

哲雄と知り合いだと言って

零花の警戒を解いた安元は、徐々に零花に切り込んだ質問をして行きます。

 

 

その時、薬師寺がスマホを解析した結果を安元に伝えに来ます。

 

スマホは飛ばし携帯だったものの、闇社会のものであることは間違いありません。

 

 

安元は零花のところに戻ります。

 

 

スマホを手に入れた時のことをもう一度零花に聞く安元。

 

 

拾ったと言う零花を問い詰め、すでにスマホを確認したことを隠して、遺失物の場合はスマホの中を見ることができないと伝えます。

 

 

盗ったんだろう、と聞く安元。

 

 

捜査に協力するなら本当のことを言ってほしいと言う安元に、零花はせっかく手に入れスマホを無駄にはできない、とスマホを盗ったと言います。

 

 

すると次の瞬間安元は、

「鳥栖零花・・・窃盗の容疑で事情を聞く 全て終わるまで帰れると思うなよ?」とさっきまでの優しい表情とは打ってかわって厳しい表情になります。

 

そして、そのまま零花の親も任意同行するとすぐに駐車場で待つ哲雄の元に向かいます。

コチドリの件で怪しまれていることがわかった哲雄は、おとなしく安元に従います。

 

『マイホームヒーロー』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

マイホームヒーロー【72話】の感想

 

ついに警察へと来てしまいました。自分だけなら仕方ないと思っていた哲雄ですが、今の状況だと零花も少し危険なのではないでしょうか?

 

しかし、恭一の証言でも哲雄のことは一切出てきていないはずです。証拠がない以上まだ哲雄は捕まりません。安元相手に、哲雄はどこまで逃げ切ることができるのでしょうか。

 

また、歌仙と口裏を合わせたりはしているのでしょうか。それにしても安元のぶっ飛んだやり方には、絶対に敵に回したくない人間だと感じました。

 

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『マイホームヒーロー』を読む