週刊ヤングマガジンで連載中の『マイホームヒーロー』

2019年25号5月20日発売の第67話のネタバレです!

 


『マイホームヒーロー』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

 
スポンサーリンク





マイホームヒーロー【67話】のネタバレ

 

鳥栖哲雄は、一人娘・零花を愛するしがない会社員。 ある日、彼は零花の顔に殴られた痕を見つける。 誰にやられたのかと問い詰めても、零花ははぐらかすばかり。

その帰り道、哲雄は犯人らしき男を見つけ、後を付けていく。 しかし、それが家族の運命を変える事件の始まりだった。 父は娘のため、家族のため、修羅の道へと歩き出す。

『100万の命の上に俺は立っている』山川直輝×『サイコメトラー』朝基まさしが贈るジェットコースター・クライム・サスペンス!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

マイホームヒーロ66話ネタバレ

 

第67話 合流

 

 

タクシーに乗り、哲雄は信の後を追いかけます。

 

信の目の前の信号が、赤へと変わりました。

 

しかしその時、信は笑みを浮かべながら加速して赤信号へとつっこんでいきます。交差点では複数の車がクラクションを鳴らします。

 

信は、車の間をすり抜けるように無理な運転で交差点を抜けて直進していきました。

 

哲雄はすぐに、「追ってください!」と叫ぶものの、信号は赤。進むことはできません。

 

交差点では、今も複数のクラクションが鳴り響いています。(気付かれたのか・・・!?ただ急いでいただけか!?どっちにしても・・・撒かれた!!)哲雄は悔しそうに歯を食いしばります。

 

 

その頃、タクシーで観光地に来ていた小沢は、信や零花の目撃情報を探していました。

 

それらしい情報を得たものの、核心には辿り着けません。

 

 

しかし、零花と別行動をしている信の落ち着き様からして、零花はこの森のどこかにいるのではないかと小沢は考えました。

 

 

とにかく森に入った小沢のもとに哲雄から電話がかかってきます。

 



 

信を見つけたと言う哲雄の言葉を聞き、小沢の予想が確信へと変わっていきます。

 

信が来るなら一度森を出て、信を尾行すると言い出す小沢。零花のことを一番に考える哲雄は、尾行はバレる危険があると言いますが、小沢はもう尾行する気マンマンです。

 

 

信の行動から察するに、零花は動けない状態になっているか、殺されているの二択だという小沢に哲雄は声を荒らげます。

 

「ふざけるな!あの娘が死ぬはずないだろうっ!?」この哲雄の言葉に、小沢は「・・・やだなぁ 冗談ですよ」と答えます。そ

 

 

の時、小沢の待つ森の近くにレンタカーが停車します。

 

 

小沢は信かもしれない、と1度電話を切ります。すぐに哲雄も森へと向かいます。タクシーには少し離れたところで待ってもらい、哲雄は森へ入っていきます。

 

 

森へ入ると小沢とすぐに合流できました。信が点けていたライトの明かりを探す2人は、森の奥に光を見つけます。武器を構える2人。

 

ゆっくりと足音を立てないように近づいていきます。しかし、そこにはライトが点けっぱなしのスマホが残されていただけでした。さらに小沢があるものを発見します。

 

大量の血がついた木。横には零花の持っていた鞄が落ちています。心臓の音がうるさくなっていく哲雄は、その場で頭を抱えてうずくまります。「零花っ・・・!!」

『マイホームヒーロー』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

マイホームヒーロー【67話】の感想

 

信を見つけたものの、すぐに撒かれてしまいました。

 

もう少し長く追跡できると思っていたのですが、信の方が1枚上手だったようです。零花のもとにも間に合わなかった哲雄。

 

残された血痕は零花のものなのでしょうか。だとしたら零花はもう・・・。でもまだ何もわかりません。零花が殺されていないことを祈ります。

 

手掛かりはレンタカーと残されたスマホ。零花のスマホは哲雄が持っているから、これは信のスマホです。タクシー運転手も何かを目撃しているかもしれません。

次回、信と零花の足取りがつかめたらいいです。

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『マイホームヒーロー』を読む