ヤングジャンプで連載中の「ボクらは魔法少年」の最新話11話が

2019年1月10日発売のNo.6・7合併号で掲載された内容のネタバレと感想を書いてみました。

ボクらは魔法少年の最新刊をチェックは・・・こちら

スポンサーリンク





ボクらは魔法少年【11話】ネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第11話 きっとオマエ 明日も来るよ

 

学校で隣の教室のマコトの様子をみに来た主人公の小田桐カイト、マコトのクラスメイトに”マコトはインフルエンザがまだ治っていなくて休んでいる”と告げられます。

 

マコトの復帰が待ち遠しいカイトは毎日のように様子を見に来ていたようです。マコトがいない中、1人で魔法少年としての役目を果たすときめき♡ピンク(カイト)、ですがマコトがいないせいでヤル気がなくなり退屈になってしまいます。

 

すると脳内でマコトが”だよねーボクのこと大好きだもんねオダギリくんて!”と語りだします、「うわー!!!チガウちがう違う!!!オマエはカンケーない!!!」と慌てるピンク、このままではよくない!とモチベーションアップのために大好きなお菓子を買います。

 

お菓子を食べすぎてしまったカイトは腹ごなしに夜のパトロールをしていると、そこに新たな魔法少年が現れます。「えーと・・・誰?」「公園まで競走 勝ったら教えてやるよ」と言われ競走することに、結果はピンクの負け。

 

「なんなんだよオマエ!!いきなりケンカ売ってきやがって!」「約束通り教えてやれない、じゃあなときめき♡ピンク」と言い残し魔法少年は去っていきます。

 

学校の下校中何者だったんだアイツと考えるカイト、そこへ昨日の魔法少年が現れます。今日も勝負をしようと持ちかけられ、日課のパトロールがあるからとカイトは断ります。

 

「手伝うよ 終わったあと勝負 いいだろ?」と謎の魔法少年のまさかの提案に疑心暗鬼になるピンク、そんな不安とは裏腹にきっちりと手伝う魔法少年、パトロールも終わり勝負が始まります。勝負は腕相撲、ピンクが優勢でしたが力を込めすぎて岩を破壊してしまいます、そんな事態に思わず笑い合う2人。

 

ピンクが帰ろうとすると呼び止められ、岩が割れてなきゃオマエの勝ちだったと魔法少年に言われます。「いいよ またちゃんと勝った時聞くから」「またってあると思う?」「あると思う きっとオマエ明日も来るよ」とピンクは去っていきます。

 

魔法少年と徐々に仲良くなるピンク、魔法少年の名前は”レッド”だと判明します。レッドにヘッドドレスのことを聞いたり学年を聞いたりとたわいのない会話をしながら行動をします。

普段の姿のままキャッチボールをする2人、「カイトはさ なんで魔法少年に?」「え・・・友達に・・・誘われて・・・」「そっか 別になりたくてなったわけじゃないんだな」「なりたいモンじゃないとなっちゃいけねーのか?」とムッとするカイト、レッドは「なってから楽しくなることもある、そうならなかったら辛い、人のこと魔法少年に誘うなんて人生メチャクチャにされるのと一緒だ」だと返します。

 

マコトに誘われて魔法少年になったカイトはその言葉に傷つき怒ってその場から帰ります。学校ではついにマコトが回復したという知らせが入ります、嬉しくなったカイトは回復祝いにマコトにおやつを買いに。

 

「明日からまた2人だぞ!!」と張り切りますがどこか引っかかってしまうカイト、なかなか寝られず夜のパトロールへ、マコトが回復して嬉しいはずだったのに、レッドの言葉が頭をよぎってしまいます。ひどいことを言われてしまったけれど、レッドのことを悪いやつだとは思えないと悩むカイト。

 



 

すると背後にレッドが現れ「楽しいもんな オレといた方が」「だって貴重だぜ ときめき♡ピンクともオダギリカイトともわかり合える奴ってさ」「組もうぜ オレと」とピンクを誘います。

迷うピンク、すると「どこ連れてく気?」「オダギリくんはボクの友だちなんだけど」、その声の主は復帰したマコト(さざめき◆ブルー)でした。殺気に満ちたブルーを見てレッドは退散します。

 

ブルーがピンクを見るとピンクは大号泣、ブルーに謝り逃げるピンク、追いかけるブルー。ピンクは自分のことを友だちと言ってくれたブルーのことを悪く言うレッドに気を許していたことを悪いと思い涙が止まらないようです。

 

「合わせるカオがない!!」「もう魔法少年なんか辞めたい!!!」と叫んだあと、ピンクの変身がとけてしまいます。変身がとけて落ちていくカイトをつかむブルー、そのままカイトの家まで送ります。

 

カイトの家で回復祝いのおかしを貰ったブルーは「別に怒っていない、カイトが魔法少年になってうまくいかなかった時に恨まれても仕方ないと思っている」とカイトに告げます。

もういちど謝るカイトに「大丈夫だよ オダギリくんがボクの事超超大好きなのはわかってるから」とブルー、回復祝いのおかしはブルーの大好きなお菓子ばかりだったのです。

 

笑い合う2人、「いつもの河原でね」と言い去っていくブルー、明日からまた頑張ろうとカイトは気合を入れて一件落着。と思いきやレッドが「ジャマが入ったけどあと一押しだったな・・・」「ご招待するぜ”ケモノ”の世界にな・・・」と何やら不穏な事を言って終わります、レッドの正体は一体何なのでしょうか。

『ボクらは魔法少年』などヤングジャンプをすぐに無料で読む

ボクらは魔法少年の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、ヤングジャンプも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ヤングジャンプを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ボクらは魔法少年 ネタバレの感想

最新話でカイトとマコトの信頼度が上がったような気がします、おかしを買った時にしっかりとマコトの好きなものをわかっているカイトを見て、喧嘩もするけれどやっぱり仲が良いんだなと思いました。

レッドという新キャラが登場してカイトを惑わす行動をしていましたが、それが結果としてカイトとマコトの仲をより良くしていたので話作りが上手くてすごいです。

最後のページで怪しさ満点だったレッドの正体も気になるところです。最新話がシリアスな話だったので次回はレッドには触れずギャグが多めかな、と思っています。

 

ボクらは魔法少年の最新刊をチェックは・・・こちら