週間少年マガジンで連載中の「ブルーロック」の最新話となる203話のネタバレと感想を書きました。

2023年1月25日発売の8号に掲載されてた内容となります。

 

スポンサーリンク





ブルーロックのネタバレ【204話】

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

【204話】戦友

 

試合中に脳を使いすぎ、オーバーヒートした潔。
気絶した彼が目を覚したのは…ノアの部屋!?

 

驚く潔に、ノアは10時間寝ていたと話す。
起きた潔に、ノアはある質問をぶつけた。

 

カイザーには、勝てたか?
潔の答えは、最後の一瞬だけ…。

 

次は?と、尋ねるノア。
潔は…ゴールで、カイザーに勝つと宣言した。
ただ、カイザーは若手の世界トップクラス。

 

理論派であるノアは、潔のビジョンを言語化するように促す。
そこで、潔は語り始めた。

 

今回の試合で掴んだ、全ての事を…。
まず彼が語ったのは、ピッチ上の全体を把握して操るメタ・ビジョン!

 

ゲームの流れを読み切り、自分のものとする、
これだけでは足りなかったことで、全員のエゴ。

 

つまり主人公感を理解することで、さらに選手たちを利用する事を考えたと話したのだ。
敵のパフォーマンスを下げ、味方には化学反応を起こす!!

 

まさにゲームを操ったと口にする潔だが、世界一の選手にこの話しをすることに対し、少し恥ずかしさを覚える…。

 

ただ、ノアはこの話しを面白いと評価した!
お前の理論が聞きたいと言われ、夢中になって語る潔。

 

思考だけはカイザーに勝てたが、能力が足りない…。
能力を高め、次はゴールが欲しいという言葉で話しを終える。

 

そんな潔の話しを聞き、10年以上前に同じ理論を聞いたと話すノア。
それを語った選手は、元ノアのライバル!?

 

現在、世界一であるノアの元ライバルとは…ブルーロックを作った人物!!!??
なんと、絵心だったのだ!

 

衝撃の事実に、言葉を失う潔、
彼の疑問に深く答える事のないノアは、絵心を〝戦友〟と呼び、話題をブルーロックの面々へと変えた。

 

前回の試合を終え、評価を変えたブルーロックの選手たち。
多くが評価を上げているという事実が、ノアの部屋にある液晶画面に映し出されている。

 

その評価とは、海外チームの契約金…。
黒名が2千4百万の評価を受けてランクイン!

 

千切は3千万に上がっており、玲王は4千万となっている。
ゴールだけではなく、アシストやパスなども評価される…。

 

 

玲王の金額は、その事実を表していた。
最後にノアが語ったのは、ブルーロックのTOP5!

 



 

まず、5位は國神の4千7百万。
前回からほぼ倍の金額だが、4位の選手は前回の3倍…。

 

それが、5千万の潔世一だ!!
ただ、3位は6千6百万の蜂楽。

 

これを聞き、潔は悔しい思いを募らせる。
2位はスーパーゴールを決めた、凪の8千8百万。

 

最後に、1億の男が現れた。
前回の試合でハットトリックを決めた…馬狼!!!??

 

幸運があると話すノアは、次のゲームで馬狼と戦えると話す。
準備に入れ…。

 

ノアの指令を受け、潔は笑みを浮かべるのだった。

ブルーロックのネタバレ【204話】

 

今回語られたのは、ノアと絵心の関係。

 

こらは、今後さらに明らかになってくると思います。ブルーロックを作った男の過去には、何があったのか…!?

 

一方、ブルーロックの選手たちの現状も明らかとなりました。なんと、トップストライカーの評価を受けたのは馬狼だったのです!次回は、馬狼との激突となります!