週刊少年ジャンプで連載中の「ビーストチルドレン」

最新話8話のネタバレを紹介します。

2019年7月13日発売の33号に掲載されました。

 

作者の寺坂研人さんが青春ラグビー漫画が

ジャンプで連載が始まり人気作品となるでしょうか?

ぶつかれ。心を、震わせろ。

魂と魂がぶつかる音がする。そこは、誰もとめられない衝撃が走る場所。――いま、少年は「ラグビー」と出会う!青春ラグビー

 

スポンサーリンク





ビーストチルドレン【8話】最新話のネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

第8話 序章

 

 

《ずっと考えてた 今日 答えが出た気がするんだ ユキト君 あのさ 》という導入で始まります。

 

試合も後半。

 

 

百剣川高校もどんどん追い付き、36対39。

 

 

もう少しです。

 

 

観戦する選手たちは、

さすが元全国ベスト8だと言っていますが、桜のプレーにも感心しています。

 

 

後半は大きなミスをしていない桜。

 

 

相手の瀬野岡高校も後半はほとんど点をとれていません。

 

 

あと3分守りきれば勝ちだと気合いを入れる瀬野岡高校に、百剣川高校は食らいつきます。

 

簡単にできそうなのにトライをできないともどかしさを感じる空に、森林は5mの攻防こそドラマを生む最後の闘いだと語ります。

 

「・・・ぬぅー 意地でも先に折れるんじゃねぇぞサクラ~」と言う空に、森林はもう桜を変えた方がいいかもしれないと言います。

 

 

見ると桜はもう立っているのもやっとなくらいボロボロになっていました。

 

 

思考が定まらない桜は、

やめたいという気持ちとやりたいという気持ちが葛藤していました。

 

 

耳も目も、まともに機能しないくらい疲弊した身体。

 

「前にもあったっけな こういうの」と桜は空を見上げます。

 

 

その時、桜のところにボールが飛んで来ます。

 

 

 

押さえたら勝ち。



 

 

しかし桜の足は動きません。

 

 

敵に取られてしまったボールですが、止めなきゃ、と桜は敵に渾身のタックル。

 

 

敵はサクラたちが置くべきゴールの場所にボールをつきました。

 

 

オウンゴール?と言う空ですがラグビーにオウンゴールはありません。

 

 

キャリーバックと呼ばれる今回は簡単に言うと、ゴールまで5mの距離でスクラムを組むことができます。

 

一気に有利となりました。

 

 

スクラムを組んだとき、審判が桜に気づいて鯨井に交替を出すか聞きます。

 

 

すぐに桜に駆け寄る鯨井。

 

 

鯨井は桜にどうしてラグビーをするのか尋ねます。

 

 

ユキトにぶつかりたいと言う桜。

 

 

しかし「ぶつかって満足か?」と鯨井は聞きます。

 

鯨井は「もう少しだけ踏ん張れ サクラ 入り口はもうそこだ」と桜の背中を叩きます。

 

交替しなかった桜は、ユキトを倒すことを想像します。

 

そして、危険エリアに突っ込んで行った桜。

 

先輩は桜を囮に、逆サイドを狙おうとしますが鯨井はそれを許しません。

 

桜にわたるボールは、そのまま桜がトライしました。

 

「待っててね ユキト君」桜のラグビーが遂に始まりました。

 

ビーストチルドレン【8話】最新話のネタバレ!

 

激しい試合が遂に終りました。

1試合で桜はものすごくボロボロになりました。血を出してたくさん汚れて、諦めそうになった桜を奮い立たせてくれたのは、鯨井でありユキトであり。

 

桜は多くの人に信じられ始めました。今やっとビーストチルドレンの序章が終りました。次回から桜は本格始動です。しかしボロボロの桜。

 

休むとこから始まるのか、休み終わったところから始まるのかわかりませんが、次は練習を行う話になるのではないかと予想しています。