週刊少年ジャンプで連載中の「ビーストチルドレン」

最新話4話のネタバレを紹介します。

6月17日発売の2019年29号に掲載されました。

 

作者の寺坂研人さんが青春ラグビー漫画が

ジャンプで連載が始まり人気作品となるでしょうか?

ぶつかれ。心を、震わせろ。

魂と魂がぶつかる音がする。そこは、誰もとめられない衝撃が走る場所。――いま、少年は「ラグビー」と出会う!青春ラグビー

 

スポンサーリンク





ビーストチルドレン【4話】最新話のネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

第4話 ラグビーのある場所

 

 

一樹選手の教え子、獣の子供達のラグビー部であることを知った桜は、ユキトがそれを知ってこの高校に自分を入れたのだと気づきます。

 

 

ワクワクする桜ですが、

目の前にいる鯨井を見て、空と共に変な人だと認識しています。

 

 

 

遅れてきたため、試合には少ししか出なかった鯨井は、動き足りないと練習をしたがりますが、他の部員はもう疲れています。

 

 

休むのも練習だと一樹選手に言われたと、鯨井の練習したいという言い分を拒否し続ける部員は、手に負えない鯨井を見学の桜たちに押し付けます。

 

 

「走ろうぜおれと・・・」と忍び寄ってくる鯨井に空は恐怖を覚えますが、一方で桜は体操着で走る気満々です。

 

 

桜はこんなこともあろうかと、制服の下に体操着を着込んでいたのです。

 

 

無理やり着替えさせられ

空も一緒に走ることになってしまい、3人はジョギングを始めます。

 

 

しかし、喋りながら走る桜と鯨井は

どんどんペースが上がっていき空は追いつけなくなりギブアップしてしまいました。

 

 

無限にダッシュする鯨井に桜はずっとついて行きます。

 



 

 

そのことを褒められた桜は鯨井に

「何を求めてここに来た」と聞かれ、ユキトとラグビーがしたかったことを伝えます。

 

 

すると突然、鯨井とひたすらラグビーの練習が始まりました。

 

 

楽しいかと聞いてくる鯨井の意図が分からない桜。

 

 

鯨井は桜に、ユキトが味方じゃないなら本気で戦える、そのためにラグビーを教えてやると言われます。

 

「好きなだけ持っていけ!お前の欲しいもんはここにある!ようこそ百剣川高校ラグビー部へ!」と鯨井は桜のことを受け入れてくれました。

 

 

5年と4か月、ずっと1人じゃなくなる日を待っていた桜は、鯨井の言葉に、目を潤ませながら、「よろしくお願いします」と頭を下げます。

 

 

今まで、ずっとそばで桜のラグビーへの気持ちを感じていた空も、この様子を見て笑顔で涙を流します。

 

ようやくラグビーができると、元気に部室に入っていく桜ですが部室は大騒ぎ。なんと来週の大会に桜が出ることになってしまったのです。

 

鯨井の勝手でメンバーに入った桜ですが、思わず顔がにやけてしまいます。

ビーストチルドレン【4話】最新話のネタバレ!

 

1話からずっと展開が早いです。でもようやくラグビー部に入部しました。桜がラグビーを出来るようになっただけで泣いてくれる空はメチャクチャいいやつです。

 

こんな友達欲しかったなーと思うくらいです。空はラグビー部に入らないのでしょうか。どうせサッカーに対する愛情もなかったみたいなので、一緒にラグビーをするとうれしいです。

 

桜が早速大会に出ることになりましたが、どんな展開がまっているのか、楽しみです。他の部員はキレると予想しています。