週刊少年ジャンプで連載中の「ビーストチルドレン」

最新話2話のネタバレを紹介します。

6月3日発売の2019年27号に掲載されました。

 

作者の寺坂研人さんが青春ラグビー漫画が

ジャンプで連載が始まり人気作品となるでしょうか?

ぶつかれ。心を、震わせろ。

魂と魂がぶつかる音がする。そこは、誰もとめられない衝撃が走る場所。――いま、少年は「ラグビー」と出会う!青春ラグビー

 

スポンサーリンク





ビーストチルドレン【2話】最新話のネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

第2話 闘志なき獣

 

 

ユキトが一樹選手の息子だと知って、興奮状態の桜。

 

ユキトの教室を訪れ、その興奮をつたえます。

 

ユキトのことを調べてきた桜ですが、ユキトは桜に対し、「・・・関係ないだろ 君に」と冷たく言い放ちます。

 

 

しかし、桜はラグビーをした仲であるユキトは

マブダチだと謎の価値観を押し付けます。

 

 

桜はユキトがどこの高校に進学するのか気になってたまりませんが、ユキトは教えません。桜はユキトの行くとこ行くとこついて行き、志望校を聞こうと試みるのでした。

 

 

ユキトとラグビーをしたいという桜に対し、ユキトは素人は相手しないと言いますが、桜は好きな気持ちだけではダメなのかを尋ねます。

 

 

「そんな考えの時点で 万が一にもオレが相手してやる事はない」と言い放つユキトですが、桜はそれならうまくなってから出直すとさらにやる気を出すのです。

 

トレーニングの量をこれまでの3倍以上に増やした桜。

 



 

 

痛む足を押さえながら、強くなっていると実感中。

 

トレーニングを見ていた空に、強くならなきゃと伝えます。

 

空はユキトに桜を

ラグビーのできるところに連れて行ってくれるように頼みますが、ユキトは断ります。

 

「・・・闘志なき獣に どうせ明日などない」と告げてユキトは行ってしまいます。

 

 

そんなやりとりもしらずに桜は公園でタックルの練習です。

 

そこに今日、桜がユキトの教室で騒いでいたことに対してイライラしていた1人の男子生徒が友達とともに通り、桜を発見します。

 

 

イライラを桜にぶつけ、暴力をふるうその男子生徒は、ラグビーでやり返してこいと桜に言いますが、桜はラグビーは暴力ではないと笑いながら答えます。

 

 

その態度にさらに怒る男子生徒ですが「・・・コレをケンカに使ったら オレ ラガーマンじゃなくなる気がするんだ」と桜は言います。

 

 

ずっと怒らなかった桜ですが、男子生徒が桜のお守りを手にした瞬間、桜の雰囲気が変わります。

 

 

それを見た男子生徒はお守りを奪おうとしますが、「これはオレの・・・魂だから」という桜の気迫に圧倒されて男子生徒は行ってしまいます。

 

 

桜がやられるところをずっと見ていたユキトは、どれだけやられても、お守りを守れたことが満足だという桜に父親の姿を思い出します。

 

「あながち”牙がない”訳でもないようだ」と言いユキトは桜に1つの高校を教えます。創部2年で全国ベスト8まで進んだという百剣川高校。

 

桜はこれでユキトとラグビーができると大喜び。しかし、春になり桜はこの高校に進学したもののそこにユキトの名前はありません・・・。

ビーストチルドレン【2話】最新話のネタバレ!

 

ずっと笑える優しさと、正しいこと、自分の信念を貫く強さを兼ね備えた桜。桜はこれからどんどん成長していくのだと思います。

 

しかし強くなるためにやっているトレーニングは明らかにやりすぎ。高校進学と同時に、やりすぎで体を痛めてしまうことを怒られると思います。

 

ユキトの狙いはおそらく成長した桜とラグビーで戦う事。その未来が早くなるのか遅くなるのかはわかりませんが、実現されることを楽しみにしています。

 

絡んできた男子生徒の友達は、最初はやりすぎと言っていたのに、お守りを奪うのを手伝ったのが許せません!