週刊少年チャンピオンで連載中の

バキ道の最新話45話のネタバレを紹介します。

11月14日発売された第50号の内容です。

 


『バキ道』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





バキ道【ネタバレ】45話

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!


45話「一体感」

 

手術を無事に終えた愚地克巳。
今は、1人で道場にいます。

 

その克巳が見つめるのは・・・繋がれた右腕・・・。
克巳が見つめている掌には、烈海王が宮本武蔵の刀を受け止めた時の傷が入っています。

 

その開かれた掌。小指からゆっくりと折っていく克巳。
全ての指を折り終わると、拳を強く握りしめました。

 

 

克巳に烈海王の腕を繋いだ医師梅澤は、術後克巳に話をします。
その内容とは、他人の腕を繋いだことへの違和感について。

 

手術は成功したものの、繋いだ腕はしょせん他人の腕。

 

その腕が自身の身体に馴染むまでは、苦労をする。
これが梅澤の言葉だったのです。

 

 

その言葉を思い出しながら、克巳はゆっくりと腕を降ろし・・・突きを放つ構えを取ります。
次の瞬間・・・踏み出した左足と共に、右腕が前方に突き出されました。

 

 

空を切り裂く音の後・・・放たれた拳からは湯気が立ち上っています。
ピクル戦で失って以来、ずっと隻腕で生活や鍛錬をしてきた克巳。

 

 

久々の動作にも関わらず・・・違和感がない・・・。

 

違和感がないことをおかしいと思った克巳は、瓦を割り、瓶を手刀で裂き、サンドバックを殴りつけます。

 

しかし、全くない違和感。
その右腕は、生まれた時から自分についていたかのような一体感があるのでした。

 

その一体感は、失った右腕に負い目を感じる程なのです。
驚愕する克巳が右腕を再び見つめた瞬間・・・背後に気配を感じます。

 

 



 

それは、烈海王に肩を叩かれるような感覚・・・。
驚いて咄嗟に振り向く克巳の背後には、当然誰もいませんでした。

 

場所は変わり、新宿の歌舞伎町一番街。
2人の男が喧嘩をしています。

 

互いに鼻血を流して、殴り合う男たち。
しかし、1人の男が手を止め、何かを見上げたのです。

 

もう1人の男も異変を感じ、後ろを振り向くと・・・そこには花山薫の姿がありました。
2人を見下ろしながら、喧嘩を続けろと言う花山。

 

その存在に圧倒された2人は、喧嘩どころではないと拳を収めるのでした。
その場を去って行く花山の隣には、柴千春が歩いています。

 

 

歩きながら、花山に問いかける千春。
その問いは、力士との戦いについてです。

 

 

大相撲との戦いに参戦する意向を示した花山。
そのことについて、〝気まぐれだ〟と話すのでした。

『バキ道』チャンピオンをすぐに無料で読む

バキ道の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、チャンピオンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
チャンピオンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでッチャンピオンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

バキ道【ネタバレ】45話の感想

 

まず、克巳の手術後の状態が描かれます。そこにあったのは、異常な一体感。その理由は、同じ鍛錬を積み重ねてきた者同士だからなのか、克巳と烈海王の師弟関係の賜物であるのかは分かりません。

 

ハッキリと分かるのは、烈海王が克巳に腕を使うことを許したということでしょう。さらに、今回の1話で花山薫の参戦も明らかになりました。

 

流石は徳川です。すごい面子を揃えてきました。個人的には、ジャック・ハンマーも是非参加してほしいです!