週刊少年ジャンプで連載中の「ハイキュー」の最新話

330話のネタバレを紹介します。

12月10日発売の2号に掲載されました。

 

ハイキューの最新刊をチェックは・・・こちら

 

スポンサーリンク





ハイキュー【330話】ネタバレ

330話 エースのさだめ

 

春高。狢坂高校対梟谷高校の試合。

狢坂高校・桐生八の強烈なスパイクを胸で上げた梟谷高校・木兎光太郎。ここで試合の流れを変えたい梟谷高校は、木兎の上げたボールをつなぎ、一点を返す。

狢坂高校11点。梟谷高校10点。

 

しかし、狢坂高校も黙ってはいない。

 

桐生八からの強烈なスパイクは止まらないのだ。

 

牛島に負けた過去の一戦から、技術的にも精神的にも一回り強くなった桐生は、一つスパイクを上げられただけでは、崩れなかった。

 

 

ローテーションが変わり、桐生のサーブが始まった。木兎に狙いを定めたサーブは、二回、サービスエースを取る。あっという間に4点差となった。

 

桐生は思う。

 

「他人の評価を気にしたり、他人と自分を比べたり、そげな雑念この世に有る事すら知らんように。バレーボールをただバレーボールをしにくる」

 

桐生の精神力はやはり強い。

 

「木兎は前衛でブロックと真っ向勝負の回数が多いだけじゃなく、サーブでも狙われる」
客席で見守る音駒高校・黒尾は、一緒に練習を共にしてきた木兎を心配する。

 

 

そして、「折れんじゃねえぞ、木兎」と強い気持ちで応援する。

 

 

木兎にトスが上がる。

 



 

春高に来てから絶好調のストレートを決めたいところだが、狢坂高校のブロックに阻まれる。

 

狢坂高校は、木兎対策として、MB雲南をストレート側に配置してきた。

 

MB雲南はもう一人のMB猯と共に狢坂高校の守備を支える選手である。

 

狢坂高校は、ストレートをしめることで、木兎に中に打つように仕向けてもいたのだ。

 

 

気持ちよくスパイクが決まらない梟谷高校。

点差はどんどん開いていく。

 

 

梟谷高校に焦りも広がる…。

 

狢坂高校17点。梟谷高校12点。

 

狢坂高校・臼利のサーブ、二回目。

 

梟谷高校・赤葦は木兎にトスを上げようとするが、この試合、なかなか決まらない木兎のスパイクに躊躇する。

 

ここは自ら、ツゥーアタックで攻めようとした。

 

しかし、狢坂高校のブロックに逆にコートに押し込まれてしまった。

 

 

点差は広がるばかり…。梟谷高校、このまま負けてしまうのか…。

 

ハイキュー ネタバレ

梟谷高校・木兎さんが桐生さんのスパイクを上げたところで、梟谷高校の反撃が始まるのかと期待していたけれど、梟谷高校は狢坂高校に押されっぱなしで残念でした。

 

私は、客席で応援していた黒尾さんと同じ気持ちです。

 

木兎さんの活躍をもっと見たいです。

 

ただ、桐生さんはスパイクもサーブもすごいです。

そして、仲間にも恵まれていて、狢坂高校は最強に見えます。

 

弱点はあるのかなと思います。

しかし、まだ試合は終わっていません。

 

木兎さん、梟谷高校のみんな、頑張ってください。次

回の試合展開を楽しみにしています。

 

ハイキューの最新刊をチェックは・・・こちら