ヤングキングで連載再開した『ドンケツ』続編となる第2章

2020年9号、4月27日発売の最新話、18話(200話)のネタバレです。

4巻の内容となります。

 

 

 

↓ドンケツの立ち読み↓
ドンケツを読む!

 

ドンケツ最新話は・・・こちら

 

 
スポンサーリンク





ドンケツ「第2章」18話のネタバレ

 

 

ドンケツ!「第2章」17話

 

『ドンケツ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりませ


 

 

ドンケツ 第2章 18話

 

 

ヤマキたちいろんなヤツに捕らえられたシュウ。

 

 

ヤマキは雄弁にいろんなヤツのトップがロケマサ、チャカシンを筆頭に、

この北九州のヤクザを嫌っており、いろんなヤツはお前らを皆殺しにする。

 

 

シュウはなんでそこまで自分たちに恨みをもつ?お前らのトップは誰だと聞く。

ヤマキ以外のいろんなヤツはいい加減殺そうと言う。

 

 

 

シュウはこのままモヤモヤしたまま死にたくないとあがく。

シュウはなんでお前は逃げなかった?と聞く。

 

 

ヤマキはどうせ捕まったのならチャカシンの動きをスパイしようとしていた。

 

 

 

そして、別所と月輪組が上杉にワナをかけるのを知り、

あそこで逃げると別所のワナをこっちが知っているのがばれてしまう。

 

 

 

だから、バカなふりをしてそのワナを逆手にとった。

そう話していると他のいろんなヤツがしびれを切らした。

 



 

 

ヤマキもいい加減もう殺してくれと指示をだす。

しかし、シュウはキンタマが痒いと言いはじめ手や股間を掻きむしり始める。

 

 

 

いろんなヤツら皆唖然とし、シュウの掻きむしる様を見るしかなかった。

シュウはのたうちまわりながら掻きむしる。

 

 

 

シュウの目が瞬時殺気を放つ。

その時、股間から極小の銃がシュウの両手に握られる。

 

 

 

そのまま一発目をヤマキの左目を貫通する(多分、即死だろう)

ほかの3人にも銃弾を浴びせる。

 

 

一人だけ軽症で済んだいろんなヤツは逃げ出してしまった。

残り2人はシュウによって鉄パイプで滅多打ちにされる。

 

 

現場にはシュウと3人の遺体が残った。

シュウは弧月組に連絡し自分を回収させる手筈をはじめた。

 

 
 

『ドンケツ』を読むなら「まんが王国」



無料で読める作品も多いし

試し読みのページが他のサイトより沢山読めるので

お試しは・・・こちら『まんが王国』

 

ドンケツ 最新話の感想と次回の予想

 

半グレはやはり半グレ。修羅の道の身を置く極道のシュウの悪にはいろんなヤツは勝てなかった。さらにシュウはあの弧月組の人間。戦闘力は半端ないものがある。ドンケツ1部には登場してこなかったが今後の活躍が気になるところ。

次回、ヤマキに出し抜かれたチャカシン。その怒りは凄まじくシュウが得た情報により行動を始める。一方、ロケマサは博多にいて新たな火種を産もうとしていた。

 

『ドンケツ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりませ