週刊少年ジャンプで連載中の「チェンソーマン」

最新話33話のネタバレを紹介します。

 

8月5日発売の2019年36号・37号合併号に掲載されました。

 

チェンソーマン【4巻】発売日

 


『チェンソーマン』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





チェンソーマン【33話】最新話のネタバレ

 

チェンソーマン【32話】ネタバレ!

チェンソーマン【32話】は、こんな話でした。

早川が未来の悪魔と契約する話とマキマの謎がさらに深まっていく話でした。先生は確実にマキマの何かを知っている中で、それでもマキマを許しているようです。

そんな中で、再び襲撃犯が動き出そうとしていることが判明しました。

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

チェンソーマン第33話「作戦開始」

 

京都に帰る黒瀬は、もう会う事はないだろうと早川に1つ質問をします。

 

銃の悪魔を本気で殺せると思っているのか。

 

黒瀬は、刀の男にさえ負けてしまった早川が、銃の悪魔を殺せるとは到底思えないのです。

 

それは見ていてムカつくほどです。

 

早川は黒瀬に黙っていろと言います。

 

「俺が負けて死んだその時に笑いに来てください」と言う早川は自分が自分を見えなくなっているのはわかっています。

 

 

しかし、そうでなければやっていけないこともまたわかっているのです。

 

車を降りる早川に黒瀬は缶ジュースを投げつけます。

 

黒瀬は早川のことを応援してくれるといい、「特異課にまともな奴がいないから気を付けな!」と言い残して帰っていきます。

 

 

その頃マキマはあるヤクザのところに来ていました。

 

 

それは今回の襲撃のメンバーがいる組です。

 

 

組長の知らないところで若い奴が勝手にやったと、組長はマキマの質問になんでも答えてくれるといいます。それは自分の指示でないこともわかってもらうのを兼ねて。

 

 

組長は黒幕は沢渡で、若い組員は沢渡に騙されて銃の悪魔と契約をしたと話します。

契約内容は2万円を払い銃と弾を貰うというもの。

 

 



 

マキマは銃の悪魔と契約した組員の名前を聞き出そうとします。

 

 

了承する組長でしたが、マキマが要求したのは他の組の人間についてもです。

 

 

他の組の事は話せないと言う組長。組長は、デビルハンターが悪魔から人間を守るように、組同士の均衡を保つことで外国人から日本人を守っている必要悪だと言います。

 

 

マキマもといデビルハンターを馬鹿にする組長に組員たちは大笑い。

 

 

そこでマキマが小さな紙袋を出します。

 

 

金と予想する組長ですが、袋の中身はここにいるヤクザ全員の回りの人間の目玉です。

 

マキマは協力すれば目を元通りにできる人を紹介すると言いますが、組員の1人がマキマに殴りかかります。

 

その組員を見上げるマキマ。

 

組員は血を出してその場に崩れ落ちてしまいました。

 

「必要な悪というのは常に国家が首輪をつけて支配しているものです」というマキマ。

 

そのころ刀の男たちのアジトには警察とデビルハンターが集結中。

 

作戦もなく特異課は全員でビルに突っ込む予定です。

 

チェンソーマン【4巻】発売日

 

 

『チェンソーマン』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

チェンソーマン【33話】最新話のネタバレ感想

 

マキマの力の謎が深まりました。マキマが人間か悪魔かは分かりませんがとにかくすごい力を持っているのは確かです。

 

マキマは一体何を狙っているのでしょうか。予想では多少の犠牲を出すことで、その後に自分達が行うことの正当性を世間に見せつけようとしているのだと思いますがそのやり方が回りからはどう思われているのか。先生はおそらく気に入らないのだと思います。

 

次回は大乱闘の予感です。大量のゾンビを相手にする強いデビルハンターの登場に期待です。