週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2022年8月3日発売日の36.37号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第299話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【32巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【299話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」のねたばれ

 

 

第299話「深化」

 

9回表、1点をリードする青道の攻撃。
2塁に前園を置くチャンスの場面で、代打の将司が打席に立っている。

 

初球は空振りであったものの、豪快な将司のスイングに沸く会場。
そのスイングを間近で見た多田野は、将司が1年生であることに驚きを見せた。

 

しかし・・・マウンド上の成宮は、将司の事など考えていない。
先ほど投げたボールに、確かな感覚を覚えていたのだ!!

 

リリースと球の曲がり具合・・・。
新たな感覚が、成宮の体を支配していた。

 

将司に対する2球目は、外のストレート。
これはボールとなるが、将司は気道に違和感を覚える。

 

少し変化したストレートを見て、思った以上に動いていると感じる成宮。
3球目を投げるにあたり、キャッチャーである多田野のサインに首を振る。

 

成宮の意図を掴み、サインを変える多田野。
次は、成宮の顔が縦に振られた。

 

成宮が選択したのは、縦に落ちるカーブ。
何とか食らいつく将司だが、ここはファールとなって2ストライク。

 

緩急のある投球に球場が沸くが、多田野は油断をしていない。
体勢を崩しても、食らいついてきていると感じる。

 

万が一を考えて、細心の注意を払うよう要求する多田野。
成宮は、そんな多田野の意見に同意した。

 

将司の一打に期待する青道に対し、抑えたいと考える稲実。
ただ、成宮は新たな感覚を手に入れようとしている。

 

そんな成宮の変化に気付いているのは・・・スタンドから見ている、天久だ。
成宮と同じく、天才と呼ばれる投手である天久。

 

彼はブルペンや練習とは違う感覚が、実践では得られることを知っている。
まだ進化するつもりか・・・?

 



 

天久は、成宮を見てそう感じていた。
次の球を予測する御幸は、チェンジアップもあると感じている。

 

成宮が投げたのは・・・ストレート!!?
将司はそう判断し、バットを思いきり振り抜いた。

 

しかし・・・成宮はストレートを沈ませるように投げていたのだ!!
リリースの新たな感覚を得たことで、ストレートを動かせるようになった成宮。

 

見事に将司から空振りを奪い、三振に取って見せる。
この日11個目の三振を奪ったエースに、スタンドから大きな拍手が送られる。

 

9回を1人で投げ切り、2失点11奪三振の好投。
稲実は、1点をリードされたまま9回裏の攻撃に入る。

 

ベンチに帰った成宮は、まだ終わらせないと闘志を燃やす。
そんな成宮を見て、栄純は笑みを浮かべるのだった。

 

ダイヤのA act2【32巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【299話】はこんな話

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

夏の西東京大会の決勝、9回表にして成宮の進化は止まりません!リリースの新たな感覚を掴み、御幸の予想を越す投球を見せました。

 

1点をリードし、最終回の守りに入る青道。握力がなくなるほど消耗している栄純は、稲実を抑えることができるのでしょうか!?