週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2019年11月13日発売日の50号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第190話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【20巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【190話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」のねたばれ

 

 

第190話「同じ分量」

 

夏の高校野球、西東京大会に挑む青道高校。
準々決勝の法兼戦の日を迎えています。

 

マウンドに上がったエースの沢村栄純は、初球を投げ込みました。
打者のバットに当たったボールは、ファールゾーンへ。

 

 

しかし、その後はボールが続き・・・フルカウントとなります。
高めに外れてしまう栄純のボール。

 

 

ブルペンで川上のボールを受ける奥村光舟は、マウンドの視線を送っていました。
1年生でキャッチャーの奥村。

 

 

ここで先頭バッターを塁に出すか出さないかは大きなポイントだと考えています。
そこで奥村が注目しているのは、栄純の投球以上に、正捕手、御幸のリード。

 

 

その御幸が、栄純に要求したボールは・・・ど真ん中のストレート。
めいいっぱい腕を振ることを求める御幸。

 

 

一瞬動揺した栄純ですが、御幸を信じて腕を振り抜きます。
ボールの行方は・・・御幸のミットの中。

 

 

高めに決まったボールで、空振り三振に切って取りました。
アウトを取った後、マウンドに駆け寄る御幸。

 

 

再び腕を振って行けと言葉をかけます。
対する法兼の監督は、栄純の制球力を警戒しています。

 

 

アッパースイングに徹するチームであることから、高めを捨てて低め狙いの指示を出しているのです。

 

 

栄純のボールは、高め中心のストレート。
2級続けてストライクを取りました。

 



 

バックスタンドに表示された138キロの数字に気付いた奥村。
栄純の球威が上がっていることに気付いたのです。

 

 

それは、栄純の特徴を掴みながら調子が上がるようにリードした、御幸の思い通りでした。
リズムを掴んだ栄純。

 

 

アウトコースのストレートで、2番バッターを三振に抑えました。
ツーアウトを取り、続く3番バッター。

 

 

初球は・・・チェンジアップ。
緩急を使ったピッチングで初球は空振りを取ります。

 

 

続く2球目はインコースのストレートで・・・詰まった打球はセカンドの頭上に上がりました。
小湊が掴み、スリーアウト。

 

 

上々の立ち上がりを見せた栄純は、ベンチへと引き上げていきます。

 

 

その様子を見ながら、栄純の力を活かせなかった前回の登板を、悔しがっていた御幸の言葉を思い出す奥村。

 

視線の先には、ハイタッチをする御幸と栄純の姿があるのでした。

ダイヤのA act2【20巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【190話】ネタバレ感想

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

前回の悔しさを晴らすように、栄純の投球が冴え渡りました。しかし、その最大の要因は御幸のリードにあります。

 

1つ年上の御幸は、先に卒業してしまうので、その後を継ぐのは奥村・・・ということでしょうか。次回は、攻撃でも青道が見せてくれそうですね。

 

特に注目は、栄純をバットで援護すると誓った2年生がどういった活躍を見せるか。

まずは2番の小湊が魅せてくれると予想します!この試合は、栄純の完璧なピッチングで抑えきってほしいですね。