週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の『スローモーションをもう一度
2018年17号3月26日発売の第59話のネタバレです!

80年代大好き高校生の胸キュン恋物語!
クラスではイケてるグループに属している、一見 リア充な高校一年生・大滝くん。
だけど実は彼には、誰にも言えない「秘密」があった…
それは、アイドルや歌、おもちゃなどの「80年代文化」が大好きということ!

自分が大好きなものを誰とも共有できず、一人だけで楽しむ毎日を送っている大滝くん。
そんなある日、クラスで隣の席の地味な女の子・薬師丸ちゃんが自分と同じ「秘密」を持っていることを知って!?

同じ趣味を持った同年代の人間とはじめて会った二人が、一緒に遊ぶようになり、そして、恋に落ちていくという、みずみずしくて胸がキュンとするラブストーリーです。

 

スポンサーリンク





第59話「時間の国のアリス」

前回では積極的な姿勢を見せた薬師丸。

そして、そんな薬師丸の積極的な姿勢が嬉しくもあるのだが、
どこか遠くに行ってしまいそうでさみくなってしまった大滝。

 

もともと、内気な性格だった薬師丸についていろいろ謎な部分が存在する。

 

そう、薬師丸の美しい母親についても謎である。
今回はその謎の薬師丸母親の過去を知ることが出来る。

 

今回の話は、弁護士のような男性との話から始まる。

「旦那様の失踪宣告が出たあとの…」という言葉。
薬師丸の父親は7年前に失踪していたのであった。

 


薬師丸の母親は高校生時代アイドル予備軍として
松田聖子のようにないたいとデビューを夢見る女子高生だった。

 

そして、大滝の様にいつも励ましてくれて支えてくれる彼氏がいた。

 

 


アイドルになることを夢見てレッスンに励む日々
(薬師丸母親も薬師丸同様ドジだった模様)

 

だったが、オーディションには不合格になり、
いつしかアイドルになる夢をあきらめて現実の世界に生きることを決意するのであった。

 

いつしか社会人として生活していく薬師丸母親。

 

仕事の失敗を彼氏に相談し励ましてもらう日常。
そんな日常を暮らしながら彼氏といつしか結婚することになる。

 

そして、子供も生まれ幸せな日々を送るのであった。
幸せを確認しながら。
 

しかし、そんな幸せな日々も突然、薬師丸の父親の失踪によって失ってしまう。

 

なんで失踪したのかもわからなまま。残酷にも日々は過ぎていくだけ。
父親が何を考えていたのかなども知る由もなかった。

 

自分の幸せだけ自分は求めていたのか。

 

彼の幸せのことは考えていなかったのかなど、
様々なことを考えているうちに7年もの時間が過ぎてしまったのだった。

 

そして、前に進むために過去を忘れるための決意の表れでもあった。

 

『スローモーションをもう一度』59話の感想と次回予想

 

薬師丸の内向的な性格とアイドル好きは母親の影響だったのかと納得した。

それにしても、何故父親は失踪したのか?

関係ないと思うが大滝の父親もいないので
その辺の関連性も今後気になるところである。