週刊モーニングで連載中の

『GIANTKILLING』ジャイアントキリング

2019年49号11月7日発売の最新話です。

 

 

GIANTKILLING【53巻】発売日とネタバレ!


『ジャイアントキリング』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





GIANTKILLING【531話】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!530話のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

#531話「アジアカップ準決勝 VS.オーストラリア」

 

 

 

優勝候補同士の対決となった準決勝。

日本では多くの日本代表サポーターが声援を送っている。

 

 

 

スタジアムでも駆け付けた日本代表サポーターの声援が木魂する。

エース・花森によって後半のキックオフ。

 

 

 

できるだけ早く点を奪いゲームの主導権を握りたい日本。

後半より交代でサイドバックに入った城島より、前線のアレックにロングフィード。

 

 

 

アレックが見事に競り勝ち、ボールは椿の足元へ。

しかし、そこにはオーストラリアエースのサリバンが待ち構えており、椿のボールとならない。

 

 

 

 

まだ日本ボール。志村から花森への素晴らしいパス。

ここもオーストラリアがクリアする。

 

 

 

セカンドボールを八谷が奪いに行くも、ここもオーストラリアが奪う。

全体的にオーストラリアが自信を持ってプレーし、日本のペースとならないでいる。

 

 

 

 

オーストラリアは前半の布陣を変えていない。

前半2点を獲った勢いそのままに後半もプレーしている。

 

 

 

 

オーストラリア10番のイアンは古いオーストラリア代表のメンバーをリスペクトしているが、

これからは自分たち若いオーストラリアで代表を率いたいと考えていた。

 



 

 

だが、日本代表のベテラン八谷にその隙をもらえないで焦っていた。

日本代表はオーストラリアに攻め込まれていた。

 

 

 

しかし、前半リードされたから2点入れられたディフェンダーたちが奮起していた。

この時間帯攻め込まれているが集中してオーストラリアに決定機を作らせていない。

 

 

 

こうなってくると徐々に日本代表のペースになってくる。

 

 

 

そのリズムが生まれそうなときに椿がボールをイアンからインターセプトし、

躍動しそうな気配があった。

 

 

GIANTKILLING【53巻】発売日とネタバレ!

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想

ゲームの入り方は難しい。そしてリズムを作るのも同じだ。監督が思い描くようなゲームプランには、なかなかその通りになることはまずあり得ない。

次回、徐々に日本代表にリズムが出てきた。そこに椿と窪田が躍動し、花森が絡み合う。追加点を日本代表は奪うことが出来るのか!?