週刊モーニングで連載中の

『GIANTKILLING』ジャイアントキリング

2019年42号9月19日発売の最新話です。

 

GIANTKILLING【53巻】発売日とネタバレ!


『ジャイアントキリング』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





GIANTKILLING【528話】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!527話のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

#528 アジアカップ準決勝 VS.オーストラリア

 

 

前半のアディショナルタイムは2分。

2点先制されて、2点追いつかれるという嫌な流れ。

 

 

スタンドで観戦する日本代表の関係者はハーフタイムで何とか悪い流れを断ち切ってほしいと思う。

椿と窪田はオーストラリアの決定力を褒めるが、

今は流れがたまたま向こうに行っているだけ。

 

 

決して日本は悪いゲームをしていない。

前半終了間際でオーストラリアはほっとしているはず。

 

 

付け込む隙はある。

 

 

そして、二人は他の日本代表に対して、

折角のマイボールだから後ろで廻して時間稼ぎするのではなく、

最後に一発殴り返してロッカーに戻ろうと話した。

 

 

 

オーストラリアはさっきまでの勢いがない。

中盤から素早いボールが椿へと渡る。

 

 

椿に群がるオーストラリアの選手たち。

椿はすかさずボールをエース・花森へ捌く。

 

 

花森はサイドを駆け上がって来た、与木へ。

与木はダイレクトでゴール正面で待ち構えるアレックへボールを放り込んだ。

 

 

 

アレックのヘディングシュートはオーストラリアGK正面。

見事にはじき返される。

 



 

 

ボールはゴールの角度ないところへこぼれる。

詰めていた窪田が詰め、右足を振りぬく。

 

 

ボールは見事にゴールへ突き刺さる。

素晴らしいシュートだったが、その前のプレーをファウルと判断されてノーゴールとなってしまった。

 

 

そして、同時に前半終了のホイッスルが鳴る。

前半は2-2で終了。

 

 

残念なゴールだったが、素晴らしいプレーに日本代表の表情に輝きが戻る。

八谷はダウンこそ奪えなかったが、なかなかいいパンチをお見舞いできたかもしれないと言った。

 

 

確かにこの見事な流れのあるプレーにオーストラリアの選手たちの表情は暗い。

 

 

あとは、ハーフタイムの15分でブランによって日本代表を奮い立たせてほしいと、

応援する者たちは思った。

 

 

GIANTKILLING【53巻】発売日とネタバレ!

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想

 

若者意識はベテランを驚かせることが多々あるのだろう。そういう若者たちが世界へ羽ばたき、世界の強豪と切磋琢磨していけば日本代表の未来は明るい。

次回、輝きを取り戻した日本代表にブランは後半のプランを語る。そのプランは驚くべきものであった。逆に勢いが止まってしまったオーストラリアもプランを変更したのだが…。