週刊マガジンで連載している

『シチハゴジュウロク』最新話のネタバレを紹介します。

 

2019年6月12日に発売された28号に掲載された30話の内容の感想です。

 

シチハゴジュウロク【3巻】発売日とネタバレ!

 


『シチハゴジュウロク』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

ラブコメ×怪奇×ミステリ!!

煩悩だらけの少年・ゴローはある日、謎の美少女しちはが、どんぶらこと川を流れているところに遭遇する。その出会いは、奇妙な”身代わり”殺人の始まりだった――!

 

 

スポンサーリンク







シチハゴジュウロク【30話】最新話のネタバレ!

 

シチハゴジュウロク【29話】のネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

シチハゴジュウロク【30話】一つ気づいたことがある

 

 

幼き日のしちはは父に自分の名の由来を問いかけます。
母親に怒られるから半分だけ教えてあげる、という父親。

 

しちはの名の漢字は七八と七葉。
すなわち七枚の葉のクローバーになぞらっているというのです。

 

七枚の葉のクローバーの花言葉は九死に一生を得るほどの幸運。
そう言って父は微笑んだのでした。

 

話は現在に戻ります。

 

 

ゴローが那由他の額に手を当てて呪文を唱えると倒れた観覧車が巻き戻っていきます。
そして粉々になったはずのしちはが復活したのでした。

 

 

それを呆然と見ながら那由他は思います。
自分より運が良い相手に初めて会った。

 

 

そう言って着ぐるみの中に強制的に戻される那由他。
そんな彼にしちはは言います。

 

 

「さあ、裁きの時間よ」
ゴローに打ち込んだはずの数々の弾丸が彼に打ち込まれていきます。

 

 

誰か自分が消えてしまう前に愛していると言ってぇぇ、

そう言葉を残すと着ぐるみの中で那由他は息絶えるのでした。

 

 

倒れたまま動かない着ぐるみ。
周りの人間はまだその不自然さに気づいていません。

 

 

「なんかしらけちまったな」
帰ろう、と背を向けるゴローの手をしちははそっと握りました。

 



 

あれ乗ろう、としちはは観覧車を指さします。

 

騒ぎになって遊園地が閉園される前に

ゴローと観覧車に乗りたいとしちはは思っているのでした。

 

 

二人で向き合って静かな時間が流れます。
目が合うとそっと微笑むしちは。

 

ゴローは赤くなって顔をそむけながら考えるのでした。
ゆっくりと遊園地を後にするふたり。

 

電車で自分にもたれるしちはを見つめながらゴローは思うのでした。
「オレ、しちはが好きだ」

 

そして新学期。

 

 

おはよう、と教室に入ってくるしちはにあいさつを返しながら妙にそわそわしているゴロー。
幼馴染の歩美はそんなゴローを見つめていました。

 

 

歩美の様子には気づかずにゴローは死んだ那由他の言葉を思い出します。
生きている間に愛してると言おう、と言っていた那由他。

 

その言葉に強く共感したゴローはしちはへの告白を決意します。
歩美はそれを見て胸をぎゅっと押さえるのでした。

 

シチハゴジュウロク【3巻】発売日とネタバレ!

『シチハゴジュウロク』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『シチハゴジュウロク』などマガジンをすぐに無料で読む

シチハゴジュウロクの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

シチハゴジュウロク【30話】最新話のネタバレネタバレ

 

思ったよりもあっけなく死んでしまったラッキーマンこと那由他。

 

幼い時に事故で両親を亡くした彼にも何か思うところがあったのかもしれませんが完全にハエ男に使われていただけでしたね。

 

一方、しちはへの気持ちに気づいたゴロー。告白を決意しました。どうやらしちはもゴローのことが気になっている様子ですしうまくいくのではないでしょうか。

 

ゴローのことが好きな歩美は複雑ですよね。彼女が事件を引き起こすきっかけにならないと良いのですが。