モーニングで連載中の「コウノドリ」

最新話286話が

2019年5月23日発売の25号に掲載されましたので

コウノドリを読んだ内容をネタバレで紹介していきます。

 


『コウノドリ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





コウノドリ【286話】ネタバレ!

 

コウノドリネタバレ

 

コウノドリ【286話】それから

 

 

分娩室にいる妊婦の木村さん。

 

彼女は初産です。

 

 

赤ちゃんはなかなか降りてこないようで、胎児心拍も回復が悪いです。

 

 

倉崎はサクラに妊婦の様子を見に行った方がいいのでは、と言うもののサクラは黙ったまま・・・。

 

 

倉崎はサクラの代わりに行こうとします。

 

 

しかしその時、「倉崎・・・僕が行く・・・。」とサクラが言いました。

 

 

院長室では、医療安全管理者の磯野エイキチと院長が今回の騒動の話をしています。

 

 

弁護士から何も連絡がないため、ペルソナは訴えられないことになるのでしょうか。

 

 

 

返事をするように、弁護士の仲川のシーンに変わります。

 

 

守秘義務があるため、調査の結果問題はなかったと言うことを弁護士が勝手に伝えることはありません。

 

 

小野田も裁判は諦めたと言うことをペルソナに伝えることはないので、仲川はもうペルソナに連絡することはないのです。

 

 

病院の裏で磯野と救急救命の医師、加瀬が話しています。

 

 

今回の件はペルソナにエラーはなかった、これで終わってよかったと言う加瀬に、俯く磯野は「はたしてそうでしょうかね・・・」とつぶやきます。

 

 

 

医療安全管理者として、患者と医療者にとって中立の立場に立つべき磯野は、小野田の不信感を払拭できなかったことが心残りです。

 

 

今回は良い悪いではないのです。

 

 

「エイキチもすっかり患者の治療から離れて医療安全管理者だな」と笑う加瀬に磯野は、医療安全管理は治療だと語ります。

 

 

今回はペルソナにエラーはなかったが、時にはエラーをおかしてしまうこともあります。

 



 

医療安全管理は常に病院内のエラーをチェックし、あれば原因を分析し2度目がないように、最小限にくい止められるようにすること。

 

 

それは必ず患者を救うコトにつながっていくと磯野は話します。

 

「なので私は患者の治療から離れたと思ったコトはありませんよ」と言う磯野の顔は微笑んでいます。分娩室のシーンに戻ります。

 

 

いきむ木村ですがまだ赤ちゃんは産まれません。

 

「痛いし・・・怖い・・・」とサクラにすがる木村にサクラは赤ちゃんを産んであげられるのはお母さんだけだと言います。

 

 

お手伝いするからみんなで元気な赤ちゃんを迎えようと励ますサクラの言葉に勇気をもらい、再び木村はお産に集中します。

 

そしてついに赤ちゃんが産まれました。

 

嬉しそうに赤ちゃんを抱く木村をみて、小松は「ああいうお母さんと赤ちゃんの顔を見るとさ ここでもうちょっと頑張ろうって思うよね~」と言います。

 

それに同意するサクラを見て、小松はやっとサクラが戻ってきたとうれしくなります。

 

サクラは再び自信を取り戻し、ベイビーとしてピアノを弾きました。

 

『コウノドリ』などモーニングをすぐに無料で読む

コウノドリの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニングも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ヤングジャンプを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

コウノドリ【286話】ネタバレの感想

 

医療安全管理編が最終回を迎えました。

 

今回のシリーズでは、サクラが本当にお産を離れて行ってしまうのではないか、とハラハラしました。妻と子を同時に失った小野田の悲しみは計り知れませんし、自分だったら前に進めるか、と考えてしまいますが、病院側に問題はない以上それが運命なのだと受け入れなければいけません。

 

医療従事者も一生懸命やってくれていることをしっかり理解しないといけないなと思いました。複雑な気持ちになってしまったシリーズでしたが面白かったです。