週刊少年マガジンで連載中「エデンズゼロ」の最新話が

2019年4月17日発売日の20号に掲載されましたので

エデンズゼロ【第40話】を読んだので、内容や感想などを紹介します。

 

スポンサーリンク





エデンズゼロ【40話】最新話のネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

エデンズゼロ【40話】C7号作戦

 

 

エデンズ ゼロにハーミットを連れて戻ったシキたち。

 

しかしその直後ジャミロフこと天才ハッカーのスパイダーに戦艦がハッキングされ
内部から破壊され始めてしまいます。

この危機を救えるのはハーミットだけですが、彼女の心は依然閉ざされたままでした。

 

15年前、ハーミットは惑星ニュートンにいました。

 

 

そこのミュラー王立研究所で、ハーミットは人の役に立つためエーテル加速器の開発に携わりました。

 

 

それは、この惑星の隣にある機械の惑星フックにエーテルを供給するためでした。
ミュラー博士は是非エーテル融合炉を安定させて欲しいとハーミットに頼んだのです。

 

 

ハーミットは休む間も惜しんで働きました。
すべては人間の役に立つため、そして友達になるため・・・

 

 

そしてとうとうエーテル加速器は完成し、惑星フックに放つ日がきました。

 

 

これが完成すれば博士と友達になれると頑張ったハーミットは、射出のカウントダウンを聞きます。

 

 

ミュラー博士「エーテル加速器射出まで、5秒前、4、3、2、1・・・・射出!」

 

 

エーテルが加速器からすごい勢いで放たれました。
それを見たハーミットはこれで惑星フックのエーテル不足が解消されると涙を流しました。

 

 

しかし、それと同刻惑星フックから異常事態の報告が入ります。

 

「エーテルを受け止めるレシーバーが適合しません!!!」
「このままではエーテル過多で惑星フックは・・・・・・!!」

 

 

次の瞬間、惑星フックは爆発し跡形もなくなりました。

 



 

ハーミットが現状を把握できない中、博士の歓喜の声が上がりました。
「よっしゃー!大成功―!」

 

そうです、博士はこの宇宙から生きた機械を排除するためにエーテル加速器を作ったのです。

始めから嘘をついていたのは人間でした。

ハーミットの心は深く傷つきました。
友達になりたかった人間の手によって・・・

 

 

そんなハーミットをよそに、人間は彼女を実験体にして今度はエーテル分離器を作ろうと
話はじめます。

 

 

「ハーミット・・・わしら、友達じゃろぅ?」と。

 

エデンズゼロなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

エデンズゼロの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

エデンズゼロ【40話】最新話ネタバレの感想

 

今回でハーミットが心を閉ざした原因がわかりました。

 

人間と友達になりたいがために頑張って作ったエーテル加速器が機械の惑星を滅ぼすために使われたこと。そして、人間にうそをつかれたこと。

 

こんな純粋な心を持った人が、裏切りを受けたとき計り知れない悲しみがあるのだなと思い知らされました。

 

傷ついた心をシキの熱い気持ちで癒して欲しいです。

そして、もしハーミットがシキの仲間になったならどうやってスパーダーの攻撃を止めるのか、どうやって倒すのかそこも今後に期待が持てます。