「なかよし」で連載中の

「ゆずのどうぶつカルテ~こちら わんニャンどうぶつ病院~」第2部、

中学生編の最新話7話のネタバレを紹介します。

 

7話は2019年6月3日発売の7月号に掲載されました。

 

ゆずのどうぶつカルテ試し読みは・・・こちら

あたたかい涙が流れる4つの感動の物語。
ここは、いろんなわんにゃんとその飼い主が訪れる青空町どうぶつ病院。

動物ニガテな小学生、ゆずは、母の入院がきっかけで、叔父のやっている動物病院に居候することに。ニガテなわんにゃんに囲まれて、途方にくれるゆずだけど、ある少年と彼の“お母さん犬”に出会い……!?死期のせまったお母さん犬、腎臓をわずらうアイドル犬、ペットロスの飼い主のところにきた二匹目、元気なのに何かが不思議な迷い犬。彼らが教えてくれたことは……?

 

スポンサーリンク





ゆずのどうぶつカルテ2【7話】最新話のネタバレ

 

ゆずのどうぶつカルテ 中学生編【2巻】発売日

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

5話のネタバレはこちら

 

 

7話「まて」が得意な犬・ロップ

 

 

大忙しの動物病院で、

柚は毛玉とシーズーのロップを間違えてしまいます。

 

 

怒ったように吠えるロップのもとにやってきたのは、動物の保護ボランティアをしている女性、多田。彼女は事情があってロップを半年前から預かっているのでした。

 

検診も終わりすぐ帰ってしまいましたが、

「もっと話聞いてみたかったかも」と柚。

 

すると散歩中にまた2人に出会うことになります。

 

 

多田は病院に来ていて、そこで入院しているお年寄りの石垣キヌに出会います。

 

キヌはロップの飼い主でした。

 

夫を亡くし、3年前ロップに一目ぼれして2人で暮らしていましたが、体調を崩してしまい入院生活に。

 

その間多田が預かることになったのでした。

 

いつも多田が散歩してくれているが病院の場所も覚えて毎日会いに来てくれると言うキヌに「すごくいい子なんですね!」と柚。

 

 

「でも最初は言うこと聞いてくれなくて、

私も犬を飼うのが初めてで全然上手にしつけもできなくて。

でもそのたびロップがあきらめないでいてくれて

『まて』ができるようになったときはそれはうれしくて。

『まて』はロップが初めて覚えてくれた特別な言葉なの!」というキヌの話に感激する柚。

 

 

 

しかし柚が帰ったあと、多田とキヌは何か約束をしているようでした。

 

 

ある日柚が病院へ行くと多田がキヌに

「どうか今日こそ決断してください。

ロップの新しい飼い主を探すことを」と言っているのを聞いてしまいます。

 

 

おもわず柚が口をはさむと「キヌさんには前からお伝えしていることです。ご病気のこと聞きました。退院のメドもまったくたっていないのに、いつ退院できるか分からないまま半年間施設に入れっぱなし。このままではロップがかわいそうだと思いませんか?」

 

 

一方でキヌは「ロップは私とまた暮らしたくて待ってくれてる。ロップのためならこのままがいいのよ!」と言いますが、柚はどちらが正しいのかどうすればいいのか分からなくなってきていました。

 

 

数日後、ロップがいなくなったと探している多田とばったり会う柚。

 

 

もしかしてキヌがいる病院へ行ったのでは?と柚が病院へ向かう途中で、なぜか病院の外にいるキヌを見つけます。そこにいたのは行方不明だったロップ。

 

こうでもしないと離ればなれになると施設から連れ出したのです。

 

しかし見るとロップの耳の中が腫れていて動物病院へ。

 

 

「耳血腫」という耳の内部の血管が破れて内出血を起こし、耳の軟骨と皮膚の間に血液が溜まってしまう状態になっていました。

 

 

軽い場合はたまっている血を抜くだけで治るものの、ロップのような犬種は気づきにくくて、放置すると耳がふさがったり変形してしまうとすぐさま手術にとりかかる秋仁

 

 

キヌは蒼白になっていましたが、命に別状はなく手術は成功します。

 



 

 

ロップがこの病気になったのはおそらくストレスの耳のひっかきから。

 

「施設生活もストレスだっただろうけど、ロップの今後のことを先延ばしにしていたせいじゃないか、いつかまた一緒にとロップをずっと待たせるのはとても酷なことです」と秋仁は言い、自分のせいだったのかとショックを受けるキヌ。

 

 

「ここでいろんな飼い主さんを見てきたから、キヌさんの気持ちも分かります。

でも、だからこそ動物の理解者でいたい。獣医の仕事は動物にとっての一番のしあわせを考えることでもある。ロップにとっての幸せのために決断してもらえませんか」

 

キヌは退院が難しいこともずっと面倒を見る保証がないことも分かっていました。

ただ自分がさみしくてロップに待っていてほしかっただけ。

 

 

キヌは「いつだって十分すぎるくらい待っていてくれた。私のために待たなくていい。これからはあなたの幸せのために生きて」と言ってロップを抱きしめます。

 

そしてロップを大切にしてくれる飼い主を探してもらえないかと秋仁に言うのでした。

 

 

それから1か月後、新しい飼い主から送られてきた写真を柚はキヌから見せてもらっていました。

 

その飼い主がいい人で、定期的に写真を送ってくれるのだそうです。
「ロップが混乱するからきっともう会えることはないけど、こんなに幸せそうないい笑顔見ちゃったら、私もがんばらなきゃって思えるじゃない?」とキヌも前向きになっているのでした。

 

『ゆずのどうぶつカルテ』なかよしをすぐに無料で読む

ゆずのどうぶつカルテの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、なかよしも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
なかよしを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでなかよしを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ゆずのどうぶつカルテ 最新話のネタバレ感想

 

事情があってペットが飼えなくなってしまう人たちはいますが、最後まで責任持たずに捨てる人はともかくこういう場合の飼えなくなる人たちは辛いだろうな・・・と思ってしまいました。

 

お年寄りでさみしくてペットを飼う人は多いと思いますし、キヌのような人は現実にもたくさんいそうです。しかし2人は最高パートナーだったと思うので、こういう形でお別れになったのはさみしいなと思いました。

 

しかし新しい飼い主がいい人そうでほっとしました。毎回心が温かくなるような終わり方になっていて、ゆずのどうぶつカルテ好きです。

 

ゆずのどうぶつカルテ 中学生編【2巻】発売日