「なかよし」で連載中の

「ゆずのどうぶつカルテ~こちら わんニャンどうぶつ病院~」第2部、

中学生編の最新話11話のネタバレを紹介します。

 

11話は2019年10月3日発売の11月号に掲載されました。

 

ゆずのどうぶつカルテ試し読みは・・・こちら


 

『ゆずのどうぶつカルテ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

あたたかい涙が流れる4つの感動の物語。
ここは、いろんなわんにゃんとその飼い主が訪れる青空町どうぶつ病院。

動物ニガテな小学生、ゆずは、母の入院がきっかけで、叔父のやっている動物病院に居候することに。ニガテなわんにゃんに囲まれて、途方にくれるゆずだけど、ある少年と彼の“お母さん犬”に出会い……!?死期のせまったお母さん犬、腎臓をわずらうアイドル犬、ペットロスの飼い主のところにきた二匹目、元気なのに何かが不思議な迷い犬。彼らが教えてくれたことは……?

 

スポンサーリンク





ゆずのどうぶつカルテ2【11話】最新話のネタバレ

 

ゆずのどうぶつカルテ 中学生編【2巻】発売日

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

10話のネタバレはこちら

 

 

11話「高齢ネコ・こはく」

 

中学に入ってから進路希望がずっと保留のままほったらかしだった柚。

 

 

友達と話していても未来の自分がまだ想像できないでいました。

 

 

しかし友達には「柚ちゃんの将来は獣医さんだもんね!」と言われてしまいます。そのことをスカイプで母に話したところ応援されてしまう柚。しかし柚はあまり乗り気になれないでいました。

 

 

動物病院では3日前に緊急入院になった犬が退院できるようになって、あらためて獣医のすごさを感じる柚。「もし私もあんなふうに動物を笑顔にできたら?」と考えてしまいます。

 

 


しかしそのために何をすればいいかは分からずじまい。

 

 

そこへ常連さんの横尾さん夫婦と高齢ネコのこはくがやってきます。こはくはもう17歳でしたが、横尾さんは実の娘のようにかわいがっていました。

 

 

しかし最近ごはんをたくさん食べても体重が減ると話す横尾夫妻。診察したところ、「甲状腺機能亢進症」という甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気になっていました。

 

 

そして白内障も進んでおり、腎臓機能もかなり低下していて腎不全の疑いもあるといいます。

 

 

でも手術で治るんでしょ?と言う横尾さんでしたが、「こはくちゃんの年齢を考えると手術には耐えられないと思います。しばらくは入院して様子を見たほうがいいかと」と言われてしまいます。

 

 

 

その話を聞いて不安になる横尾とこはく。

 

 

そんな3人に柚は「心配しないでください。私もお世話全力でやりますし、こはくきっと元気になりますから」と元気づけます。

 

 

そして「これって将来の獣医さんの第一歩かも」と感じるのでした。

 


「まずはこはくを完治させて笑顔にするんだ」と目標を立てる柚。

 

 

しかしこはくは入院に慣れていないようで、治療どころか触ることすらできません。

 

 

八谷は「家族と離ればなれで不安なのかも」と言い、それなら自分は画面越しに母と話せているから恵まれているのかもと感じる柚。話すだけで感じられる安心感。

 

 

 

そして柚はこはくが少しでも安心できるようにリボンでおもちゃを作ります。興味を示したこはくは薬もあげられるようになり、甘えてくれるようにもなって「あったかいね。こはく」と柚は笑顔になるのでした。

 

 


そんなとき柚は母が肺の手術をして安静のため当分喋れないのだと叔父に知らされます。

 

 

手術自体は成功したそうだからと安心させられますが、喋れないほどなんてと不安になる柚。するとリンクするかのようにこはくの容態が急変。

 

 

すぐに心臓マッサージと人工呼吸器をつけ、柚は横尾さんたちを急いで呼ぶように言われます。突然のことにおびえる柚。

 

しかしいつものように叔父と八谷が助けてくれるだろうと思っていました。

 



 

しかし残念ながらこはくは亡くなってしまいます。

 

 

さっきまで生きてたのにと涙を流す柚。そこへ来ていた横尾の奥さんは「どうして助けてくれなかったんですか!」とつかみかかり、夫はそれを止めますが、それを見ていた柚は「こはくきっと元気になりますから!」と言っていたのが甘い考えだったんだと思い知らされます。

 

 

必ずしも助けてあげられるわけじゃないのに無責任なことを言ってしまったと。

 

 


その後無言でこはくを連れ帰った横尾さん。

 

柚は話を母に聞いてもらおうとしますが、今はだめだったんだと気づきます。そんな柚を見て「大丈夫?」と言ってくる八谷。

 

 

「私は大丈夫だから!」とその場を立ち去る柚でしたが、八谷も柚の叔父も心配。叔父はきつかったら休んでもいいんだぞ?と柚に言いますが、柚は平気だと言い頼まれた保定をすることに。

 

しかし保定する犬を触ってこないだ「あったかいね」とこはくに触ったことを思い出し、「・・・やっ!」とおもわずのけぞります。

 

もう一度保定しようとしても手が震えて保定ができず、動物に触るのが怖くなってしまったのでした。

『ゆずのどうぶつカルテ』なかよしをすぐに無料で読む

ゆずのどうぶつカルテの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、なかよしも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
なかよしを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでなかよしを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ゆずのどうぶつカルテ 最新話のネタバレ感想

 

柚が小学校の時から続いてきた「ゆずのどうぶつカルテ」ですが、次回最終回ということでなんだか寂しいです。しかしこれまで悲しいだけでなくなんらかの解決をしてじんわり心があったまる結末を描き続けてきた今作なので、きっと最終回もそんな気分にさせてくれるんじゃないかと思っています。

 

人の死はもちろんのこと動物の死というのはかなりきついものがあります。柚はまだ中学生なので動物の死を経験することもなかったんじゃないかと思います。

柚が最大の試練を乗り越えられることを祈っています。

ゆずのどうぶつカルテ 中学生編【2巻】発売日