週刊ヤングジャンプで連載中の「まくむすび」

3月20日発売された最新話1話のネタバレを紹介します。

 

 

スポンサーリンク





まくむすびのネタバレ【1話】最新話のネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

【第1幕】劇的なるものめぐって

 

仙台星見高等学校 入学式が終了し、体育館を出た土暮 咲良は、幼馴染のカレンから両腕を下ろすよう促されます。

 

咲良は両手で頭を押さえ続けていました。
美容院でショートにしましたが、セットを再現できず両サイドがハネていました。

 

 

笑わないと約束したカレンですが、ひとしきり大笑いした後、連写します。
自分を変えたくてショートにした咲良を、カレンは吹奏楽部に誘い断られます。

 

 

漫画好きの咲良に漫研を勧めてみましたが、子供じゃないと否定されます。

 

 

カレンは漫画を描く咲良が好きでした。
早く好きなことを見つけるよう、咲良に助言します。

 

 

 

咲良は、既に好きなことを見つけていましたが、諦めることにしました。
咲良の部屋に、処分するために引っ張り出してきた大量のノートが散乱しています。

 

 

全て子供の頃から描き溜めた漫画のノートです。
何事かと愛犬が現れます。

 

 

小学生の時のノートを開くと、描くだけで楽しかった頃を思い出します。
当時、結末が上手く描けなかった漫画を見て、今なら上手く描ける気がしました。

 

 

描き始めて、結末を理解されなかった時の記憶が蘇ります。
途中で黒く塗りつぶし、愛犬が驚くほどの勢いで、机からノートとペンを払い落としました。

 

 

愛犬が落ちたノートを齧っています。
あの時から、誰にも漫画を見せられなくなりました。

 

 

翌日の昼休み、咲良は漫画のノートが鞄に入っていることに気がつきました。
クラスメイトからお昼に誘われましたが、トイレを理由に、ノートを握りしめ咄嗟に教室から飛び出します。

 

 

バレたらオタク認定、高校生活が早くも終了してしまいます。
一刻も早く処分したくて職員室へ急ぎます。

咲良と新任・立川が職員室の前で鉢合わせします。
同僚の女教師から生徒会の許可なく貼った演劇部の勧誘ポスターの回収を指示され、ムカついて職員室を出るところでした。

 

咲良は、シュレッダーを借りに来たことを、たどたどしく説明すると、何故か立川が処分することになり、ノートを取り上げられました。

 

 

立川は貼られたポスターを剥がして回りましたが、次々見つかり放課後になっても終わりませんでした。

 

 

ジャス子が、珍しく遅れて演劇部の部室に現れます。
掲示物に生徒会の許可が必要なことを知らず、勧誘ポスターを貼っていました。

 

 

去年の一件で部員のほとんどが去り、顧問を失った廃部寸前の演劇部。

 

これ以上問題を起こしたくないママ先輩に、今のままでは全国どころか、地区大会も望めない状況に、ジャス子はどんな手を使っても部員を獲得すると言い切ります。

 

 

 

思わず涙が溢れ謝罪するママ先輩、去年の一件に部長として責任を感じていました。

 



 

ジャス子は、ママ先輩の大きな胸を鷲掴みにしながら、ママ先輩の責任を否定します。
今もあの時も元凶はジャス子でした。

 

回収した勧誘ポスター300枚を持って、立川が部室に来ました。
ヤバい気配を察したママ先輩は取り敢えず謝罪しますが、立川は部員を集めます。

 

パワハラまがいな説教を始め、演劇、その上、部員も否定します。

 

 

ママ先輩がキレかけた時、唐突に発声練習を始めたジャス子の大きな声に、驚いた立川がひっくり返りました。

 

立川が激高して去った後、散乱したポスターを集めていると、ジャス子が一冊のノートに気がつき、読み入っていました。

 

 

新入生歓迎会当日。
部活が決まらない咲良を、カレンが、また吹奏楽部に誘います。

 

 

ジャス子は、立川が快く演劇部の手伝いを引き受けたことをママ先輩に報告します。
嫌々新入生歓迎会を手伝う立川に、先日の部室の件の録音を聞かせ、パワハラと脅しました。

 

 

演劇部の上演が始まり、咲良は直ぐに自分の漫画と気がつきました。
自分の描いた世界が、生徒たちを舞台に集中させる様に、気持ちが昂ります。

 

まるで2人いるような、ジャス子の一人芝居に魅了されていました。
しかし、結末は描いた世界とは違い、描きたかった世界になっていました。

 

 

歓迎会が終わった後、咲良の描いた世界を理解できなかったカレンは、咲良の描きたかった演劇部の世界に感動していました。

 

咲良は、演劇部の後を追い、未完成で下手な漫画を改変までして勝手に上演したことに、泣きながら抗議します。

 

ジャス子は、漫画としては酷評しましたが、戯曲(脚本)としては絶賛します。
そして、咲良を演劇部に誘いました。

 

『まくむすび』などヤングジャンプをすぐに無料で読む

まくむすびの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ヤングジャンプも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ヤングジャンプを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

まくむすびのネタバレ【1話】最新話ネタバレの感想

 

この漫画をきっかけに高校演劇について少し調べましたが、全国高等学校演劇協議会に2000校も加盟していました。

 

まったく高校演劇について無知だったので、正直、驚きました。 ジャス子が目指す全国大会に出場するには2年もかかります。

 

今年度の地区大会、都道府県大会を経て、更にブロック大会に勝ち残った10校と開催県枠、持ち回り枠のそれぞれ1校の計12校が、次年度の夏に開催される全国大会に出場します。

 

3年生がごっそり抜けて、全国なんて過酷過ぎます。

 

そして、全国大会を勝ち抜いた、最優秀校・優秀校4校が国立劇場で公演するそうです。 物語はプロローグ、今後の展開は全く読めません。

 

演劇部の部員に至っては、まだニックネームしか分りません。 おそらくジャス子は全国どころか、国立劇場を目指していると思います。

 

先ずは、演劇部を廃部寸前まで追い込んだ、ジャス子が元凶の事件の真相を早く知りたいです。