「なかよし」で連載中の「ねこ色保健室」の最新話22話のネタバレを紹介します。

22話は2018年11月2日発売の12月号に掲載されました。

 

ねこ色保健室の立ち読みは・・・こちら

スポンサーリンク





ねこ色保健室 22話のネタバレ

ねこ色保健室【3巻】発売日いつ?

 

今回は意外性あふれるお話でした。

 

ニャン原先生のもとに相談しにやってきた相撲部のたけしとマネージャーのサオリがメインとなっているのですが、ガタイがよくて相撲部でも期待の星だろうと先生とすずが言うにも関わらず、たけしはすずとの腕相撲にも負けてしまうほど。

 

負けると言っても体ごと持って行かれている感じで笑ってしまいます。

 

「このガタイでめちゃくちゃ弱いんだわ」と言うサオリ。

 

ためしに先生もやってみますが、誰とやっても派手に負けてしまいます。

 

 

「どうしてこんな?」と尋ねるすずに「昔は見た目通りの力持ちだったけど、小学校のときにこの力で友達を怪我させてしまって」と突然暗い表情になって言うたけし。

 

小2の夏、河原で友達と遊んでいたたけしは岩などを投げて力自慢をしてしまいました。

 

 

今度はあれ投げてよ!

 

と言う目つきの鋭い友達に言われて岩を投げるのですが、すずの心配とは反対にそれが友達に当たることはありませんでした。

 

しかし友達とハイタッチしていたときに

「あれを投げてよ!」と言っていた友達を骨折させてしまいます。

 



 

それがきっかけで力を出すのが怖く、連敗続きです。

 

先生はたけしの体を触って

「体のほうは問題ない。となるとここは・・・」と言って5円玉で催眠術をかけることに。

 

 

古典的だな!と思いましたが、これにかかってしまったのはたけしではなく先生の方。

これもお約束ですね。

 

先生は猫ですが、かなり狂暴になってしまいました。

 

 

術が解けるまでの時間稼ぎで逃げるサオリとたけしですが、追い詰められてしまいます。

そんなときようやく術の解き方が分かりましたが、たけしの怪力も復活。

 

そしてたけしが怪我をさせた相手はサオリだったことが発覚し、問題解決と同時にラブストーリーが始まってしまいそうでした。

 

 

ねこ色保健室 最新話ネタバレの感想

まさかあの友達が女の子だったとは驚きました。

 

力の強さの違いで骨折してしまったのなら納得できます。

 

それが分かってから読み返すとまたちがった見方が出来そうです。

 

ねこ色保健室【3巻】発売日いつ?