ビッグコミックオリジナルに連載している『たーたん』は

実写化されたのでしょうか?

作者の西炯子さん作品は、既に実写化した作品もあるのでたーたんも実写化されたのか?

 

その他の作品も調べてみることにしました。


たーたんネタバレ全話

『たーたん』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

スポンサーリンク





たーたん【実写化】された?

 

作品内容

童貞×JC≒父娘? 西炯子、超意欲作!
15年前、全く冴えない28歳の童貞男だった上田敦は、
友人から赤ん坊を預かる。その友人は殺人を犯し刑務所に入ったのだ。
赤ん坊の名は鈴。敦は鈴を娘として懸命に育てた。
鈴は父を「たーたん」と呼ぶ。
父は出生について娘に何も話していない。鈴は何も知らない。
ワケあり父娘の心ヒリヒリコメディ!

 

たーたんは実写化されているのか?

 

 

作者の西炯子さんの漫画で実写化されている作品を調べてみました。

 

 



 

 

西炯子さんの作品で実写化されたのは下記の作品です

 

2007年:『STAY~ああ今年の夏も何もなかったわ〜』
2015年:『娚の一生』
2019年:『お父さん、チビがいなくなりました』

 

この3作品が実写映画されました。

 

とくに「娚の一生」が代表作とされています。

 

西炯子さんの漫画作品は、短編が多く1巻~4巻ぐらいで完結しているもばかりで

娚の一生』は全4巻、『お父さん、チビがいなくなりました』は全1巻ですので

一番巻数が多いのは『三番町萩原屋の美人』の15巻で

次に『恋と軍艦』と『姉の結婚』が全8巻となっています。

 

 

たーたんは5巻目に突入していることから作者からしては長編の分類になりますね。

 

 

こうして作者、西炯子さんの作品を調べてみましたが「たーたん」は

まだ実写化されていないことが分かりました。

 

 

個人的には、「たーたん」の実写化はありだと思います。

 

父親が娘を男で一人で育て、思春期を迎えた娘と向き合いながら生活していくだけでも

話題には欠かせないし、母親がいない理由がこれからのどうなってくるのか興味がわくところです。

 

たーたんを取り巻く女性達、これまでモテなかった鈍い男性の恋愛模様

そして本当の父親が迎えに来るとどうなるのか?

 

娘の鈴の周りの人物など実際にありそうな事で本当に

これからの話が気になる漫画作品なので

 

映画やドラマになるとより一層この魅力に共感できる人が増えるのではないかと思います。

まあ、原作で楽しんでいる方は、アニメ化もありですが

どうしてもアニメだと対象が少なくなるので実写化がこの作品の場合はいいと思います。

 

 

せっかくので西炯子さんの作品で、今はやっている動画配信サイトで視聴できるかを知らべてみる事にしました。

 

 


知ってますか?

auスマートパスプレミアムすごいお得なサービスがいっぱい

 

 

たーたん 漫画の発売日

 
巻数発売日
1巻2016年 9月9日発売
2巻2017年 10月10日発売
3巻2019年 4月10日発売
4巻2020年 7月10日発売
 

たーたんネタバレや関連記事はこちら

 

西炯子さん【たーたん】実写化作品

 
「紹介している作品は、2020年6月時点の情報です。
現在はサービス内容の変更や配信終了している場合もありますので、最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。」
西炯子さんの作品で、今はやっている動画配信サイトは

 
制作年作品名VOD
2007年『STAY~ああ今年の夏も何もなかったわ〜』TSUTAYA TV
2015年『娚の一生』U-NEXT
2019年『お父さん、チビがいなくなりました』FOD
 

 

『STAY~ああ今年の夏も何もなかったわ〜』

柳生みゆ、通山愛里、長谷部瞳といった人気女優の共演で映画化した作品。主人公は県立川中高校演劇部に所属する5人。夢や秘密、恋など、彼女たちがそれぞれに体験したひと夏のエピソードを紡いでいく。

 

 

 

 

『娚の一生』

東京での生活に疲れ、祖母が暮らす田舎の一軒家に引っ越してきたつぐみ。祖母の葬儀で大学教授の海江田と出会い、祖母から離れの鍵を預かっていたという彼と共同生活を送ることに。さらに海江田から求愛されて戸惑うつぐみだったが、次第に心を開いていく。

 

 

 

『お父さん、チビがいなくなりました』

37歳の菜穂子の両親は結婚して44年、3人の子どもも立派に自立し都内の実家で平和な老後を過ごしていると思われていた。しかし、ある日、母から離婚を考えていると衝撃の事実を明かされる。会話らしい会話も無く寡黙な父とのすれ違いに母は寂しさを募らせていたのだった。実家には菜穂子が昔、拾ってきた猫のチビがいたが、両親の不仲を察するかのように、あるときチビが姿を消してしまう。チビを心配して探す母に父はそっけない態度を見せますます距離が生まれていく2人。母はチビを探そうとペット探偵を雇うことにする。

 

 

『たーたん』を無料で読む方法

 

 

手軽にどこでも、いつでも好きな時にスマートフォンなどの端末から
漫画や動画が見れる時代になりましたね。

電子書籍は、今もの凄く利用する方が増えていて
その利点は、どこでも読めて、かさばらないと言うのがおすすめポイントです。

スマホの中にデータとして持ち歩くので何冊持っていても重たくなりません!
通勤時間や通学時間、友達との待ち時間に、読むことも出来ます

本好きには超~便利ですよ!

 

動画も漫画も楽しめるサイト

『FODプレミアム』は
動画も漫画も楽しめる大変お得なサイトです!

 

『お父さん、チビがいなくなりました』を配信しています。

 

コミックのポイント還元率NO120%

 

たーたんは420ポイント=420円必要ですが
ポイント還元が84ポイントもあり実質344円で読めますがさらに
ポイントを獲得すれば無料で読めます!

 

有料作品でも安心

8の付く日キャンペーンで毎月1300ポイントがたまりますので
コミック2冊分がポイントで購入することが出来ます。

 


 

漫画の他にも映画ドラマなども視聴することが出来ます
無料期間をうまく利用してお試ししてみましょう!

コミックのポイント還元率NO120%

 

↓たーたんを無料で読む↓
FODプレミアム


たーたんの最新刊をすぐに無料で読む

『娚の一生』を配信していました。

 


電子書籍【u-next】』というサイトを利用します。

 

U-NEXTは動画配信と電子書籍が利用できるサイトで

登録後31日間は無料でお試すことができ

 

解約も簡単に出来て安心です!

 

『U-NEXT』がおすすめの理由

携帯やタブレットがあれば、いつでもどこでも見ることが出来るし中でもU-NEXTはとくに動画本数もたくさんあり、配信数はなんと120,000本以上

 


最新の有名作品も見る事ができるのでレンタルビデオ屋に行く必要がありませんネット環境さえあれば、スマホやテレビでも鑑賞できるので

 

はっきり言って楽です。

 

レンタル屋さんに行かなくても言い分時間が短縮されますし、何かの待ち時間でも自分の端末化から好きなドラマ・映画がやアニメまで見れちゃうんですから!!

 

そして、U-NEXTを登録してみると無料トライアルと言うのがありなんと31日間の無料期間がついています!!
31日ですよ1ヶ月の間タダで鑑賞できちゃうんです!

 

さらに、最新作の動画やコミックなど作品をお得に視聴するために「ポイント」がついてきます!

 

登録時に600円分のポイントがありますので見たい作品をまず31日以内にポイントを利用して視聴しましょう!

 

 

 

U-NEXTに初回登録したときに獲得した600ポイントがあるので

そのポイントを利用すれば料金がかからずに読むことができます。

 

この方法で最新刊のたーたんを読みましょう!

 

解約もスムーズでした。

 

無料期間が31日もあるので、
どこでも視聴できるから使いやすいので期間内に見ちゃいましょう!

 

ポイントを利用して最新刊コミックを読みましょう!

電子書籍【U-NEXT】

 

↓アニメ・電子書籍はこちら↓
たーたん


※スマホ・PC・タブレット・TV・PS4に対応
 
「紹介している作品は、2020年6月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。」
 

 


 

たーたんをまとめて購入すると割引あり!

 

電子書籍をお得に買うなら『イーブックジャパン』
コミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約59万冊の本を配信中)

ポイント還元1%

 

漫画はもちろんビジネス書や写真集など幅広い電子書籍を扱っていて

電子書籍には珍しいお得な割引セールなどを実施していて大変お得なサイトです

 

 
  • パソコン・スマホだから、置き場を気にせずたくさん読める
  • 50万冊以上のラインナップ。コミック品揃え世界最大級
  • ナイショの「あの本」も読もう
  • 老舗、17年も続いていて安心
  • 会員数なんと170万人。あの人も実は eBookJapanかも!?
  • 会員登録は無料。月額費もず~っと無料(0円)
 

↓立ち読みはこちら↓
『たーたん』を読む