かりんちゃんねるはじめてみた!

「なかよし」で連載中の「かりんちゃんねるはじめてみた!」の最新話8話のネタバレを紹介します。

8話は2019年2月1日発売の3月号に掲載されました。

 

なかよしの立ち読みは・・・こちら

ストーリー

料理が大好きなかりん。
夢をかなえるためにはじめたのは…
〝クッキングチューバー″!?

スポンサーリンク





かりんちゃんねるはじめてみた!【8話】ネタバレ

 

7話「いちばん大事なこと」

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

8話【作れ!】ヤキソバドリーム!!

かりんの新しい対戦相手は女子大生ニューチューバ―の中村キナコ。

 

街中で会うと「握手して!」と言われるほどの人気っぷりでした。

 

大食いニューチューバ―で日本一の登録者数のキナコはすごいお金持ち。しかし幼なじみの糖太には「いっぱいいっぱいのくせに、ちょっとくらい休め」と言われてしまうのでした。

 

料理バトルのときの最強の手があると友人に話していたキナコ。

 

キナコは自分なりに食事の時の音の工夫をしたり、不安要素のある動画には閲覧注意の文字を入れてみたりと工夫してチャンネル数を稼いでいたのです。

 

しかしかりんはその辺のことが分かっていない。再生数をとれる料理もしらないので、キナコはかりんに勝てると自信満々に友人に話していたのでした。

 

しかしキナコは街中で「あの人って子供の頃大食い番組出てたよな?」「あの頃は目立ってなかったのに」「テレビ出られなくなったからニューチューバ―やってんの?」という話声が聞こえてきたことを思い出していました。

 

中高生時代フードファイターとしてテレビに出ていたキナコ。大人顔負けの食べっぷりで最初のうちは番組に引っ張りだこでしたが、徐々に数字が取れなくなって次からもう来なくていいと言われてしまいます。

 

人気がないと認められないと意味がないと深く傷ついたキナコ。

 

もうそんなことを言われないように大食いニューチューバ―になってみんなを見返してきたのでした。

 

しかし認知度は低いと思われていたかりんの評価は意外に高く、キナコは「爪が長くて不潔」という書きこみを見つけてしまいます。

 

ネイルが好きで爪をのばしてきたキナコでしたが、それを機に爪を切ることに。しかし訪ねてきた糖太に「そんなことして楽しいか?

 



 

ネイルすごく好きだったのに好きなことやめて、人の意見に振り回されすぎてないか?今のお前の顔、テレビに呼ばれなくなったころの顔してる」と言われてしまいます。

 

糖太を追い出して、いつものように動画を投稿するキナコ。

 

しかし再生数の高い肉料理の動画をアップしても批判ばかりで、かりんの動画への支持が集まっていました。追いつめられるキナコ。

 

しかしかりんの動画を見てみて驚かされます。

 

かりんはギネスに挑戦している一般団体のもとへ行き、焼きそばでギネスに挑戦しようとしていました。焼きそばは無料で、3日間みんなにふるまうというもの。「

 

中村キナコに勝てるかな?」という声にも「その時はそのときだ!負けたって自分がやりたいようにやったんだから満足。

 

自分の価値は自分で決めるもの。キナコさんには憧れてるし、あんなに料理で人を喜ばせられる人いない」と笑顔で言うのでした。それを聞いてキナコは涙を流します。

 

かりんは3日目になっても焼きそばを作っていましたが、仕入れすぎて残ったら廃棄だと言われてしまいます。

 

しかしそこには焼きそばを豪快にすするキナコの姿がありました。

 

「キナコちゃんの大食いショーのはじまりだよー!」とキナコはみんなを誘います。

 

「自分の食べる姿を見て、みんなに喜んでもらえるのが好きだった」ということを思い出したキナコに糖太も笑顔を見せました。

 

数日後かりんはキナコに勝ち、動画を見ていた人は真を指さして、料理バトル主催者の息子だと言うのでした。

『かりんちゃんねるはじめてみた!』なかよしをすぐに無料で読む

かりんちゃんねるはじめてみた!の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、なかよしも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
なかよしを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでなかよしを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

かりんちゃんねるはじめてみた!最新話ネタバレの感想

先月号を読んでいるとキナコは今どきの女子大生キャラなのかと思っていましたが、実は深い闇を抱えていたことに驚きました。

 

中高生時代にそんなひどいことを言われたのだから、余計トラウマになっているのではないかと思います。

 

それを陰ながら支えているのが幼なじみの糖太だったのだと思いますが、糖太ではすべてカバーすることはできなかったのでしょう。

かりんの底抜けの明るさ、優しさでキナコは救われたのだと思います。

次回はどんな相手なのか分かりませんが、ぜひかりんには優勝してもらいたいですね。

 

なかよしの立ち読みは・・・こちら