週刊ヤングジャンプで連載中の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』

2022年21号、4月21日発売の最新話、第250話のネタバレです!

かぐや様は告らせたい【最新刊を50%OFF】で読める

スポンサーリンク





かぐや様は告らせたい【250話】最新話のネタバレ

 

かぐや様は告らせたい【161話】のネタバレは・・ここ

 

 

250話「かぐや様は寂しくない」

 

かぐやと四宮黄光の交渉が締結したと思った矢先、今度はかぐや側に付いていた雲鷹が交渉に納得いかず、かぐやから遺言書を奪おうとしていた。

 

 

雲鷹の差し向けた追手から逃げるかぐやに石上が
「月が見える方角へ! まっすぐ走ってください!」
と指示を出す。

 

 

その指示に困惑しながらも、かぐやは月の方向へ走る。

 

 

一方、藤原は雲鷹にどうしてかぐやに意地悪をするのかなげかけるも

「全員に都合がよく決着がつく事なんてない、俺が割を食うのはだけはごめんだ」
と四宮の人間らしい理由を吐き、藤原は呆れながらもどんなかぐやに嫌がらせをしてきても私たちが守るとそれに対抗した。

 

 

誰が今回の筋書きを決めたのかと藤原に問う雲鷹に
大まかな筋書きを決めたのは自分だけれど”アイディアを実行する現実的なプランを立て、適材適所に人を割り振ってちゃんと行動に移せる度胸をもった人がいたから”
出来たこと。

 

 

全ての功労者は秀知学園の生徒会長である白銀帝だと答える。

 

 

 

石上や伊井野も帝のお陰で計画がうまくいったことを話し、半ば茶化しながらも美味しいところは譲ってあげようと帝に花を持たせる気満々の面々だった。

 



 

かぐやは追手から逃げながらも、仲間のお陰で孤独ではないことを知り希望を抱きながら月へ向かって走っていた。

 

 

だがそこは崖か崩れた行き止まり。
追い詰められたかぐやだが追手を前にしてにっこりと微笑み、崖から飛び降りた。

 

 

 

驚愕する追手を前に、かぐやが飛び降りた先には帝の乗ったヘリがあった。

 

「迎えに来たぞ かぐや」
かぐやを抱き留める帝に、かぐやは嬉し涙をうかべるのであった。

 

かぐや様は告らせたい【最新刊を50%OFF】で読める

『かぐや様は告らせたい』などヤングジャンプをすぐに無料で読む

かぐや様は告らせたいの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ヤングジャンプも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ヤングジャンプを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

かぐや様は告らせたい【250話】最新話のネタバレまとめ

 

かぐやの奪還計画を陰で計画し、実行していたのは帝の力あっての事だった。

 

雲鷹からの追手から仲間の指示で逃げるかぐやは、どんなに困難な事でも皆がいれば孤独ではないと希望を抱きながら走る。その先に待っていたのは白銀帝だった。