週刊ヤングジャンプで連載中の『かぐや様は告らせたい』

2019年45号3、10月10日発売の最新話、第154話のネタバレです!

 

 

スポンサーリンク





かぐや様は告らせたい【154話】最新話のネタバレ

 

154話「藤原千花は愛したい」

 

藤原は最近生徒会メンバーの自分への態度が酷いと不満を述べます。

 

白銀は否定しようとしますが中々すっぱり否定できず、ハゲヅラを被って来る女をどう擁護したらいいか分からないと言います。

 

 

それに対し藤原は善人ぶったことを言いつつ的確に心をえぐりに来る、こういう人が一番質が悪い、偽善者と言い、石上は呆れました。

 

 

そんな彼女に対し伊井野はまだ彼女のことを尊敬していると言いますが、藤原は「まだ」の部分に反応します。

 

 

藤原が言うには石上が入ってからそんなポジションになったと言いますが、ナレーションが以前からそうでもないと言います。

 

 

藤原はかぐやだけが自分に優しくしてくれると言いますが、ナレーションがそれを否定しました。

 

 

藤原はワナワナしつつ生徒会室以外では人気者でここの皆さんだけ私をコケにしてくれる、一度認識を改めて貰う必要があると思うといい、今日のゲームを発表します。

 

 

 

それは「愛してるゲーム」で面と向かい合って愛してると発言し、言われた側が照れたら負けです。
まず藤原は伊井野に言い、すぐに伊井野は真っ赤になって照れます。

 

 

そして藤原は自分を馬鹿にした皆さんがまさか照れたりするわけないだろうと挑発し、石上はため息交じりにするわけないと言うと次の対戦相手は藤原になりました。

 

 

石上は今更藤原に照れることはないと自信満々ですが、藤原は石上のディスはちゃんと一線引いているので彼とやりあっている時はいらいらより楽しさが先に来る、好きだよと言います。

 

 

すると石上は真っ赤になり藤原ははいどーん!と彼をクソザコ呼ばわりしました。

 

 

石上は調子に乗るところ改めた方がいいと負け惜しみをしますが、藤原は今言ったことは本当だと言うと石上はまた敗北します。

 

 

石上は誰でもそうなると言うと、藤原は石上に伊井野にするように言い、石上は彼女に愛していると言うと、伊井野は平気な顔で最近の石上は結構好きと言い石上が照れると伊井野はもちろん冗談、女相手にすぐ騙されるわよねアンタと言いました。

 



 

藤原に煽られる石上は白銀に振り、白銀は藤原は可愛さだけならかぐやが嫉妬するレベルだとあせり、照れたらかぐやに別れを告げられるのではないかと思います。

 

白銀は家族の顔を思い浮かべることにし、妹、親父と来て次は幼少の頃去って行った母親の顔を浮かべました。

 

母は白銀に父のことを嫌いになったのではない、ただ恋愛感情は永遠じゃないのと言っており、藤原が愛していると言うと白銀は寂しそうに泣いていました。

 

かぐやはさすが会長、殿方はかくあるべきと石上に言い、次はかぐやがやると言い「会長だぁいすき」と言うと白銀は照れて顔をそらします。

 

白銀はかぐやはみんなの前で攻めすぎ、最近変なスイッチはいっているのではないかと思い、かぐやは楽しいゲームだと言いました。

 

 

そして藤原がかぐやに愛してると言うと、かぐやはいつも通り微笑み藤原は負けるのでした。

『かぐや様は告らせたい』などヤングジャンプをすぐに無料で読む

かぐや様は告らせたいの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ヤングジャンプも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ヤングジャンプを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

かぐや様は告らせたい【154話】最新話のネタバレ感想

 

白銀の母親の思い出が描かれましたが、母親に恋愛は永遠ではないなどと言われると息子としてはたまらないことでしょう。いつかその母親が登場して和解になったらいいなと思います。

 

そして終始負けっ放しの石上は予想通りでしたが、伊井野が石上相手に余裕だったのが意外でした。伊井野があんな態度なのは相手が石上だったからかどうかが気になります。

 

藤原には負けていましたが、相手が白銀やかぐやだったらどうなのでしょうか。

 

 

それを見たかったと思いました。あとかぐやの白銀への攻め具合ですが、次回はより過激になって欲しいと期待しています。