週刊少年ジャンプで連載中の『Dr.STONE
2018年5月2日発売、最新の23号の最新話、第56話のネタバレ

 

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後──。目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!! 空前絶後のSFサバイバル冒険譚、開幕!!

スポンサーリンク





『Dr.STONE』第56話のネタバレ

「THE TREASURE」

雲母の落とし穴から千空とマグマが脱出する。



 

千空が「最悪の事態だけはまぬがれたな」

 

マグマ

「もうちょい体が冷えてたらくたばってたって話だろ。これだからヒョロガリは」

とバカにするが、千空はそれを否定し、

「最悪の事態それはーーー

マグマと俺で抱き合って体温キープする羽目に」

 

とマグマたちが想像していた最悪の事態とは違うものを説明する。

 

洞窟の奥までたどり着き、鉱床を発見


鉱床がなぜ出来るかを千空が説明し

自分たちでは出来ないと、マグマに掘り出すよう頼んだ。

 

マグマがつるはしを振り上げ、

「最後に後ろからザクッとーーー

ぶち殺してやるつもりだった」

と言い、鉱床につるはしを突き立て

 

そして千空はそれを分かっていたかのように

「だからこそ雲母の落とし穴の時は俺らを思わず助けちまったんだろ?」

とマグマに問いかける。

 

クロムがマグマのことを侮辱したと謝り、殴るように言うがマグマはクロムを殴らず、鉱石を採取する。

 

クロムが


「この宝のダンジョンで俺ら3人は仲間の絆っつう、もっとでけぇ宝を手に入れたっつう話だな」

 

と臭いことを言って、2人に語りかけるが

 

2人は

「気持ち悪い」とクロムの発言にドン引きになる。

 

 

採取に夢中になっている千空とクロムに

「いつまでやってるんだ日が暮れるぞ」

 

と怒鳴った時に、

ゲンに言われたことを思い出し、急いで洞窟を出ようとする。

 

洞窟から出るとマグマが千空に目隠しをし、抱えて走り出し

着いた先にはゲンと村の住人が待っていた。

 

 

千空が

「司に科学と俺を差し出せば村は安泰なことに気付いたか」

と言って焦るが、

用意されていたのは、

千空への誕生日プレゼントだった。


 

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

『Dr.STONE』第56話の感想と次回予想

千空、クロム、マグマの洞窟探検が終わった。

千空の誕生日も祝い、ひと段落となった。

次号からはまた、真空管の開発の話となると思われる。

 

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!