週刊少年マガジン連載中の『東京卍リベンジャーズ
2018年5月16日発売、第24号の最新話、第61話のネタバレです。

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『東京卍リベンジャーズ』を読む

 

花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタが、悪党連合“東京卍會”に殺されたことを

ニュースで知る。壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。極めつけはドーテー……。そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!! ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を目指す!!

 

スポンサーリンク





『東京卍リベンジャーズ』第61話のネタバレ!

「In tears」

場地が自分で自分を刺す!!

千冬が場地に駆け寄る。

 

一虎が起き上がり、マイキーに

「次はテメーだ。仲良く逝かせてやるよ」

 

マイキーは

「黙れ。殴り殺してやる」と返事をする。

 

 

タケミチが場地のところに駆け寄り

「何のために自分で自分を刺したりなんか」

と聞く。

 

場地はそれには答えずにタケミチを近くに呼び、稀咲が敵であることを伝えた。

 

気づいたのは稀咲がマイキーに

「パーを出所させる代わりに参番隊隊長に任命してくれ」

と持ちかけているところを見たからであった。

 

 

場地は稀咲のことは認めず、

「参番隊隊長はパーだけなんだ」

 

その後に創立メンバーの名前を呼んで、


「東卍創立メンバーはオレの宝だ」

と話す。

 

タケミチと千冬の前で

「1人で何とかしたかったが、無理そうだ」

と呟く。

 

最後に「オレは自分で死んだ。マイキーが一虎を殺す理由はねぇ」

とタケミチに伝える。

 

 

場地は意識朦朧として、幻覚を見始める。

タケミチに


 

「オマエはどこか真一郎君に似てる。

東卍をオマエに託す

 

と頼みごとをする。



 

タケミチは泣きながら「そんな事言わないで」と呟く。

 

 

そして場地が最後に千冬に笑いながら


「ありがとな」

とお礼を言い、目を閉じる。

 

千冬が場地の名前を呼ぶが、場地は何の反応も返さない。

 

そして、千冬は場地の名前を叫び、大声で泣き始める。

 

東京卍リベンジャーズ7巻!最新刊の発売日はいつ?

 

 

『東京卍リベンジャーズ』第61話の感想と次回予想

場地の裏切りから始まった東卍とバルハラの抗争も終わりとなった。

未来では場地が一虎に殺され、マイキーが一虎を殺すことになるが、今回は場地が自分で自分を刺すことによって回避できることになった。

場地も本当は裏切ったわけではなく、一虎のため、マイキーのため。そして稀咲を警戒しての行動だった。

次回は場地から東卍を託されたタケミチがどう動くかが楽しみである。

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『東京卍リベンジャーズ』を読む

 

東京卍リベンジャーズを無料で読むには

 

手軽にどこでも、いつでも好きな時にスマートフォンなどの端末から
漫画や動画が見れる時代になりましたね。

電子書籍は、今もの凄く利用する方が増えていて
その利点は、どこでも読めて、かさばらないと言うのがおすすめポイントです。

 

スマホの中にデータとして持ち歩くので何冊持っていても重たくなりません!
通勤時間や通学時間、友達との待ち時間に、読むことも出来ます

 

本好きには超~便利ですよ!

 

1.動画も漫画も楽しめるサイト(超おすすめ

 

『FODプレミアム(1ヶ月間無料)』は
動画も漫画も楽しめる大変お得なサイトです。

 


コミックは400ポイント=400円必要です。

しかし

有料作品でも安心
8の付く日キャンペーンで毎月1300ポイントがたまりますので
コミック3冊分がポイントで購入することが出来ます。

 

コミックのポイント還元率NO120%

 

そして同じ作者の作品を無料で読めます。


『新宿スワン』『セキセイインコ』『デザートイーグル』

漫画の他にも映画ドラマなども視聴することが出来ます
無料期間をうまく利用してお試ししてみましょう!

 

FODプレミアム(1ヶ月間無料)