週刊少年マガジン連載中の『東京卍リベンジャーズ
2018年4月18日発売第20号の最新話、第58話のネタバレです。

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『東京卍リベンジャーズ』を読む

 

花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタが、悪党連合“東京卍會”に殺されたことを

ニュースで知る。壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。極めつけはドーテー……。そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!! ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を目指す!!

 

スポンサーリンク





『東京卍リベンジャーズ』第58話のネタバレ!

「Dead or Alive」

大人気巻頭カラー!!

タケミチの油断で場地が一虎に刺されてしまう。



 

タケミチが一虎に体当たりをして、場地から一虎を引きはがす。
場地に大丈夫かと尋ねると・・・


何事もなかったかのように場地が立っており、

「カスリ傷だ」

と言った後にタケミチにお礼を言う。

 

千冬が一虎に怒りをあらわにし

再度場地が稀咲をやるために動こうとする。

 

色んな事が起こり、タケミチが混乱して、
何をしたらいいか分からなくなる。

 

しかし、一虎が場地を殺すことを止めることが出来て、

マイキーがもう一虎を殺すことはなくなったとタケミチは思う。

 

そして、今回のリープの目的は達成したと思い、

次は
「東卍のトップになるために稀咲を潰す!!」

 

 

稀咲を潰すために場地の
手伝いを申し出るタケミチだったが、場地に殴られ拒絶された。

 

「一人でやる必要ないじゃないですか!?」と場地に言うが、

何も言わずにタケミチの横を通り過ぎ

 

場地が一言


「マイキーを頼む」

と言い残す。

 

 

参番隊の50人を相手に場地は一人で挑もうとし

無茶だと思うタケミチだったが、あっさりと参番隊を蹴散らしていく。

 

場面は変わり、稀咲が参番隊の副隊長に
「ボーっとしてたら殺すぞ」

 

副隊長が稀咲に言葉を告げているときに場地が副隊長を倒した。

 

50人を倒し場地が稀咲の元までたどり着き


「チェックメイトだ」

場地に対して、

やれるもんならやってみろ」と稀咲が強気に出てきた。

 

タケミチが場地のことを感心する。
しかし、動かない場地にタケミチが疑問を覚える。

 

その時、場地が血を吐き、

「ここまでか」

とつぶやいた後に膝をつき、気を失ってしまった。

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

 

『東京卍リベンジャーズ』第58話の感想と次回予想

一虎から場地を救ったと思ったタケミチだったが、実は刺されていた。

場地を殺させないことが今回のリープのキーになっているので、
今後タケミチがどう動くかが楽しみである。

 

次回はマイキーが目を覚まして、行動を始めるのではないかと思う。

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『東京卍リベンジャーズ』を読む