週刊少年マガジン連載中の『東京卍リベンジャーズ
2018年4月11日発売第19号の第57話のネタバレです。

花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタが、悪党連合“東京卍會”に殺されたことを

ニュースで知る。壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。極めつけはドーテー……。そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!! ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を目指す!!

スポンサーリンク





『東京卍リベンジャーズ』第57話「Look up for」ネタバレ

 

前回、マイキーを助けた稀咲に
この時を待っていたぜ」と襲い掛かる場地。



稀咲が油断している隙に、近くまで行き鉄パイプで稀咲のことを殴りつけ
芭流覇羅(バルハラ)メンバーは「場地が稀咲をやっつけたぞ」と喜び

 

東京卍會メンバーは場地にやめろと、
お前を連れ戻しに来たんだぞ

 

稀咲の隊である3番隊が場地を投げ、稀咲に大丈夫かどうか声をかけた。

 

 

稀咲は場地のことを
俺の周りをブンブン嗅ぎまわっているハエだ。叩き殺せ

 

場地は「上等だよ」と言って、稀咲に襲い掛かろうとし
そんな場地を千冬が止める。

 

どけ!と告げる場地だが、

千冬は「稀咲をヤるのはマイキーを裏切ることだ。稀咲をヤるのは今じゃない」と

そんな千冬を殴り、稀咲のところに向かおうとする場地。

 

 


場地さんを守るためにここにいる!
どーしてもこの先に行くなら容赦はしねーぞ
」と決死の覚悟で止める千冬。

 

やってみろ」と挑発し、10秒数え始める。
迷っている千冬に対して、

 

殺さねーと止まんねーぞ、オレは

 

10秒数えても動かなかったところに、タケミチが場地を止めようと入り

 

場地を守るために止めようとし、千冬に一緒に止めるように告げ
それに対して、千冬は「場地さんを殴れねー」と言い、動かない。

 

 


場地に殴られ、意識が飛びそうになるが、
マイキーとヒナタのことがよぎり、何とか持ちこたえ

このままでは稀咲に殺されると思い、一人でも止めると決意した。

 

しかし、ふと場地の殺すのは稀咲ではなく、一虎が殺すことを思い出す。

 

一虎がいた場所を見るが、そこにはおらず焦るタケミチ。
その時一虎が後ろから場地を刺す!

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

 

『東京卍リベンジャーズ』第57話の感想と次回予想

場地を殺されないために何とかしようとするタケミチ。
自分は強くないのに未来を変えようと奮起するところがタケミチの見せ場だと思う。

今号で場地が刺され次回に続いた。
次回以降では、どのようにタケミチが未来を変えようとするのかが、注目である

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『東京卍リベンジャーズ』を読む