週刊ヤングマガジンで連載中の『マイホームヒーロー
2018年20号4月16日発売の第37話、最新話ネタバレです!

 

鳥栖哲雄は、一人娘・零花を愛するしがない会社員。 ある日、彼は零花の顔に殴られた痕を見つける。 誰にやられたのかと問い詰めても、零花ははぐらかすばかり。

その帰り道、哲雄は犯人らしき男を見つけ、後を付けていく。 しかし、それが家族の運命を変える事件の始まりだった。 父は娘のため、家族のため、修羅の道へと歩き出す。

『100万の命の上に俺は立っている』山川直輝×『サイコメトラー』朝基まさしが贈るジェットコースター・クライム・サスペンス!

 

スポンサーリンク





『マイホームヒーロー』第37話「嘘だ!」

恭一の金庫から出て来た紙袋から頭蓋骨とタブレットが出て来た。



 

窪は延人が通っていた歯医者に電話をさせ、
延人の歯の治療歴と頭蓋骨の歯が一致するか照会させた。


 

歯医者は間違いなく
頭蓋骨と歯の治療歴は一致し、紙袋から出てきた骨は延人のものであると確定した。

 

骨と一緒に入っていたタブレットの端末からは、

ネット上にあげられていたものと同じ偽延人の映像のマスターデータも出て来た。

 

窪は淡々とした表情で、
恭一のしたことに対して残念がり、恭一の金をすべて没収した。

 

恭一が稼いだ金を奪い取られるのを見た恭一は、
これははめられたと騒ぎ散らす。

 

窪はどうやってはめたのだ?と恭一に問う。

 

恭一は、竹田と鳥栖哲雄が組んで
恭一を犯人にしたてあげたと窪に叫んだ。

 

窪は渋い表情で、恭一が今話した説明が本当だとしても、

どうやって金庫に骨を入れたんだ?と恭一に聞く。

 

恭一は、金を数える振りをして
竹田が金庫に袋を仕込んだと返す。

 

そこへ哲雄は部屋に入った時から
撮影している動画を確認すればどうでしょうかと提案し

 


映像にはしっかりとはじめから紙袋が入ってあることが写されていた。

 

 

ここに恭一の説明が誤っていることが立証されてしまう。

 

窪は、お前が竹田や一般人にはめられる程度のやつだったてことだ、

 

「裏切り者」「無能」どっちだったら助かると思う?

 

という窪に、恭一は「どっちも…」と思った。

 

いずれにせよ、使えない無能な物であれば終わってしまう。

 

これが窪の組織の掟なのだ。

 

窪は、麻取に映像と恭一の死体を一緒に届けろと
竹田に指示し部屋をあとにした。

 


これによって延人殺しの犯人は恭一となり、この一件は終わりを迎え

 

そして、ようやく哲雄はこころに恭一に対しての
しこりを残しながらも生き延びることが出来解放された。

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

マイホームヒーロー』感想と次回の予想

逆転勝利で解放された哲雄。残念ながら罪を背負わされてしまった恭一。

こういう組織は少しでも黒いものが見えたらアウトなんだなと改めて思った。

 

そして、解放された哲雄。しかし、簡単には逃げられるわけがない。

そして、トリックのネタが次回明らかに。

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『マイホームヒーロー』を読む