週刊ビックコミックスピリッツで連載中の『ピーチ・ミルク・クラウン
2018年20号4月23日発売の最新話、第12話のネタバレです!

 

 あらすじ
恋の矢印、縦横無尽!? 陸上部で繰り広げられる甘酸っぱい青春群像譚! 突然のラブストーリーに憧れる高校2年生の与一は転校してきた丹下 桃に出会う。走り高跳びの元中学チャンピオンでもある桃ちゃんだが、怪我をして競技を断念、実家近くの六輪高校に転校してきたのだった。

そんな彼女にコツコツ努力する姿を「諦めない人が一番カッコいい」と言われた与一は、瞬く間に恋に落ちた。しかし、桃ちゃんの登場で心がザワついているのは与一だけではなく……恋の矢印が錯綜する高校生の青春ラブストーリー!

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

スポンサーリンク





『ピーチ・ミルク・クラウン』第12話のネタバレ

「まさかのなかよし」

 

サッカー雑誌を読む与一のもとに都が怪訝な表情で訪れた。



 

なぜだか、二人はサッカーの話題で盛り上がっている。

 

 


それには訳がある。
前回都が来た時に安田が都に「与一くんってどんな人?」と聞かれ、

 

恐竜・宇宙・巨大建築・重機・それにサッカー観戦が好きと都に答えたため

 

都も昔からサッカーが好きだったと桃ちゃんは付け加え、共通の趣味って、

 

「急激に距離を縮めるよね!?」

 

と語った。

 

 

そして、リレーの練習が始まる。

 

女子はスタートが上手で速いがバトンがまだ上手ではない桃ちゃんが第一走者。

 

 

第2走者は飯田夕海が加速させて、

 

第3走者は岡本すみれがつなぎ、

 

アンカーは副部長の片桐照子が走り締めくくる。

 

男子は、沼、飯田の順で走り、
コーナー上手の与一が第3走者、最後はエースの安田が走る。

 

 


しかし、桃ちゃんは
持ち前の天然さと不慣れなバトンワークに戸惑い、ミスを連発してしまう。

 

そこへ、厳しくコーチする照子に与一と都は「優しく」と忠告した。

 

はた目から与一と都の中の良さにあぶれた感じの桃ちゃんは少し戸惑いをみせてしまう。

 

そんな蚊帳の外にいる桃ちゃんに
安田はアプローチを試みるも、照子に「何フラフラしてるの?」と叱られた。

 

帰宅途中も与一と都は
サッカーの話に盛り上がり仲の良さを見せる。

 

都も本当に与一と話しているのが楽しくなっている自分に気付いてしまう。

 

沼はそんな3人の様子をつぶさに見ていた。

 

桃ちゃんは初めは与一と都の中の良さを微笑ましく見ていたが、

 

徐々に笑顔が失われ、ソワソワするようになり、

 


ついに最後には、「もうっ」とふくれてしまった。

 

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

 

『ピーチ・ミルク・クラウン』感想と次回の予想

 

与一に急接近する都は一体なにを考えているのだろうか?

そして、それに対して焼きもちを妬くようになった桃ちゃんの態度がかわいい。

安田は桃ちゃんをほっておいてほしい。

次回はそんなふくれてしまった桃ちゃんはどんな行動にでてしまうのか?