週刊ビックコミックスピリッツで連載中の『スローモーションをもう一度
2018年20号4月16日発売の第37話のネタバレです!

 

80年代大好き高校生の胸キュン恋物語!
クラスではイケてるグループに属している、一見 リア充な高校一年生・大滝くん。
だけど実は彼には、誰にも言えない「秘密」があった…
それは、アイドルや歌、おもちゃなどの「80年代文化」が大好きということ!

自分が大好きなものを誰とも共有できず、一人だけで楽しむ毎日を送っている大滝くん。
そんなある日、クラスで隣の席の地味な女の子・薬師丸ちゃんが自分と同じ「秘密」を持っていることを知って!?

同じ趣味を持った同年代の人間とはじめて会った二人が、一緒に遊ぶようになり、そして、恋に落ちていくという、みずみずしくて胸がキュンとするラブストーリーです。

 

スポンサーリンク





『スローモーションをもう一度』第61話

「愛し合ってるかい!?」

幸せに微笑み合う二人の前に突然、薬師丸の幼馴染の仲井戸が現れる。



 

突然ではなく、待ち伏せをしていたという仲井戸。

 


 

大滝に仲井戸は、
薬師丸と二人で話をさせて欲しいと言う。

 

幼い頃の仲井戸に対してあまりいい思い出を持たない

薬師丸は大滝の背中に隠れてしまう。

 

しかし、嫌がる薬師丸に大滝は
仲井戸の薬師丸にたいする真面目な気持ちを知っているため、

 

薬師丸に少し話してもいいんじゃないか?

 

実は仲井戸はすこしはまともに話ができるから

大丈夫じゃないかと教える。

 

薬師丸は大滝を信頼し、
仲井戸と二人で公園で話をすることになる。

 

仲井戸はまずはと小さい頃、

薬師丸の父親から借りていたR.CサクセションのLPを薬師丸に返した。

 

 

 

仲井戸はR.Cサクセションを
高校の時に知ったと思っていたのだが、

 

最近実はもっと小さい頃に
薬師丸の父親に教えてもらったころを思い出したと語る。

 

本当は薬師丸母親に渡すつもりだったが、薬師丸母親に断られたということだった。

 

仲井戸は薬師丸に、

「悩んどることとかなぁ、あるんとちゃうの」と問う。

 

そのころ大滝は一度家に戻り薬師丸を
待っていたところに薬師丸から電話が掛かって来た。

 

仲井戸に前向きに

あたし大丈夫です。もう心配しないでください。」とはっきり言った。

 

そして、その表情見て仲井戸はいい顔してると言い返した。

 

そんな会話をして
仲井戸に焼きもちを妬いてしまう大滝の元にポケベルが鳴った。

 

 


「アリガトウ ダイスキダヨ」

 

 

大滝は目元に涙を浮かべ

 

「カワイイーーーッ」

 

と叫んでしまった。

 

そのそばに小泉がいると知らずに。

 

その小泉になにやら相談する大滝であった。

 

 

携帯電話でAUを利用している方は

1ヵ月無料利用できるKDDI(ブックパス)が便利です!

 

スローモーションをもう一度』感想と次回の予想

幸せな二人が本当にかわいい。

焼きもちを妬いてしまう大滝も前向きな表情を見せるようになった薬師丸も。

次回、なにを小泉さんに大滝は相談したのだろうか?乞うご期待!

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『スローモーションをもう一度』を読む

 

 

まんがを無料で読む方法

 

スローモーションをもう一度』を実際に読んでみたい方は

まんが王国で試し読みできます。


 

まんが王国で試し読み


 

 

携帯電話をご利用の方は

ブックパスでも読むことが出来ます。


 

ブックパスは登録から31日間無料で利用できるサービスがありますので

是非お試しください。

ブックパス試し読み