最新刊の発売日と漫画のネタバレを紹介

『キングダム』最新話ネタバレ!第556話「王 翦の守り」の感想と第557話予想

週刊ヤングジャンプで連載中の『キングダム
2018年20号4月26日発売の最新話、第557話のネタバレです!

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓

『キングダム』を読む

 

時は紀元前――。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!!

2013年、第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞!

 

スポンサーリンク





『キングダム』第556話のネタバレ

「王 翦の守り」

 

慶舎の片腕だった岳嬰。



 

慶舎を撃った怨敵・飛信隊が戦場に対峙した。

 

岳嬰は体を震わせ、歯を食いしばり思った。

 


「ようやく!!この時を待っていたぞ 飛信隊 信!!」

 

 

信もそのことを重々承知していた。

 

河了貂は、慶舎の右腕だった岳嬰は
きっと元主の敵である飛信隊に対して士気は高い。

 

元々、岳嬰軍も弱くはない。

 

決して油断するなと。

 

そして、河了貂は玉鳳隊と連携する作戦を用いたいと思っていた。

 

そのところに丁度王賁がわざわざ自ら飛信隊の元に現れた。

 

王賁は河了貂に岳嬰と飛信隊との因縁を利用して

 

飛信隊が前面に出てくれば、岳嬰軍も前面に進軍してくるはずだから、

 

その脇を玉鳳隊が左後方より
急襲してそのまま岳嬰の首を取ると言う作戦を提案した。

 

 


河了貂は単純な作戦だが、
自分自身も同じような作戦を王賁に提案するつもりだった。

 

どこかしら軽さと能天気さと明るさを番陽は危惧した。

 

信は

「どんな戦況であっても自分勝手な景色を見ているんだよ 大将軍ってのは」

 

とどこか自信を持った表情と
近い未来自分が大将軍となることへの視野を感じていた。

 

王賁はそんな信のことを

 

「あいつは正真正銘のバカなだけだ」と言い放った。

 


 

朱海平原 9日目

 

それぞれの軍が布陣する。

 

亜光軍は、馬南慈・尭雲・趙峩龍の3軍を一手に受け持つという難事。

 

趙3軍の攻撃力は凄まじいはずなのだが、

 

亜光軍の前衛1軍すら突破できないでいた。

 

亜光軍は王翦軍の主力を
担っているため一度守りを固めれば鉄壁となる。

 

 


しかも、亜光は王翦のもつ
軍略のいくつかを実践できるほどの実力の持ち主だと言う。

 

 

しかし、そこを李牧は
目を付け亜光軍を撃破すれば王翦軍は

致命的なダメージを与えられると読んでいた。

 


そこに馬南慈に策を預け馬南慈は亜光軍に向かって決死の突撃を図った。

 

一方、岳嬰軍も怒りに任せついに飛信隊に突撃を始めていた。

 

携帯電話をご利用の方
ブックパス』で31日間無料で読むことが出来ます。

 

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta

『キングダム』感想と次回の予想

 

ついに激闘が始まる。岳嬰と信の因縁の対決。

実力的には信の方が上な気がするのだが、
そう簡単に行かないのがキングダム。

そして、亜光軍の鉄壁の守りはあの3軍の攻めを防ぎ切れるかが心配だ。

 

次回は、岳嬰の攻めをどう信は対応するのか?

亜光軍の守りは持つのか?朱海平原の戦いが加速していく。

キングダム51巻の発売日はいつ頃?


『キングダム』を無料で楽しむ方法!

キングダムが気になる方に無料で楽しむ方法を紹介します。
何種類かありますので、ご自身にあったのをお試しください。


1.動画も漫画も楽しめるサイト(イチ押し

『FODプレミアム(1ヶ月間無料)』は
動画も漫画も楽しめる大変お得なサイトです!

ポイント還元も他の電子書籍サイトでNO1の還元率

有料作品でも安心
8の付く日キャンペーンで毎月1300ポイントがたまりますので
コミック3冊分がポイントで購入することが出来ます。

※8,18,28日にログインしてポイントを習得しなければいけません!

 

漫画の他にも映画ドラマなども視聴することが出来ます
無料期間をうまく利用してお試ししてみましょう!

 

FODプレミアム(1ヶ月間無料)



2.携帯電話をご利用の方

ブックパス』で読むことが出来ます。

ブックパスは登録から31日間無料で利用できるサービスがありますので
是非お試しください。

ブックパス試し読み

3.まとめて購入すると割引あり!

電子書籍をお得に買うなら『イーブックジャパン』
コミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約59万冊の本を配信中)

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓

『キングダム』を読む

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらいいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)